納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術を行った際の副作用について

レーシック手術を行うと、手術自体を失敗したわけではなかったとしても、様々な副作用が起こってきやすいと言われています。
その代表格とも言えるのが、ドライアイやハロ・グレア現象です。
かくいう私も2年前にレーシック手術を受けた際、術後しばらくの間はハロ・グレア現象に悩まされました。
ただ、夜間の外出を控えているうちに徐々に症状がおさまっていきましたので、現在は何も感じません。
これらの症状が手術の後で起こる人は実際にかなり大勢いるらしいです。
手術によって引き起こされた変化に対する体の自然な反応と考えることもできるので、何も起こらない人の方がかえって少ないのではないでしょうか。
ほとんどの場合、時間が経つに従って体が順応していきますので、数ヶ月でおさまると聞きました。
私の場合も、ほぼ2ヶ月で症状が完全に消失しましたので、あまり心配する必要はないと思います。
なぜハロ・グレア現象が起こってしまうのかというと、夜間に暗くなって瞳孔が大きく拡張した際に、手術で削っていない角膜の部分にまで光が入り、削った所と削っていない所とで光が乱反射してしまうせいなのだそうです。
それならば、最初から多めに角膜を削ってしまえばよいのではないかと考える人もいるようですが、削ってしまった角膜を元に戻すことはできませんので、必要以上に角膜を削ってしまうことに対しては慎重にならざるをえないようです。
削りすぎてしまった角膜が勝手に再生してくれることはありませんので、削りすぎを警戒するのは当然のことかもしれません。
お医者さんの話では、年齢が高い人よりも若年層の方がハロ・グレア現象が起こりやすいとのことでした。
人間の目の瞳孔は、暗い場所に行くと反射で大きく開きます。
これはより多くの光を吸収しようとするためで、意思とは無関係に勝手に起こる変化です。
ただし、年齢が高くなると、瞳孔の機能も衰えてくるので、あまり大きく開かなくなってくるそうです。
そのために、年齢が高めの人がレーシック手術を受けても若い人に比べてハロ・グレア現象が起こりにくいと聞きました。
その説明でいくと、私はまだ若い部類に入るらしく、ハロ・グレア現象という副作用が起こってしまいましたが、2ヶ月ほど我慢しているだけで自然に治りました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー