納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術と飛蚊症の関係について

私は昨年レーシック手術を受けました。
手術のおかげで視力を回復することができたので、メガネやコンタクトレンズを使用する必要がなくなり、とてもら楽チンになりました。
ただし、手術を受けようと思い立った段階で、既に飛蚊症の症状が出ていたので、それが何らかの障害になりはしないものかと少々不安に思っていました。
でも、レーシック手術の相談に行ったクリニックで、お医者さんから、飛蚊症の症状があっても、それが病的なものではなく、単なる生理的なものである場合には、問題なく手術を受けることができると言われました。
「病的なもの」とは具体的にどのようなものを指すのかと言いますと、網膜剥離や糖尿病網膜症の前段階として、目の前に糸くずや黒い影などが浮遊しているように見えてしまう現象が生じてしまっている場合のことです。
もしも、網膜剥離や糖尿病網膜症の病気の前兆であるならば、即刻適切な治療を施すようにしないと失明してしまう可能性がありますので、視力回復どころの話ではなくなってきます。
でも、検査してもらった結果、私の場合は、加齢による生理的な現象に過ぎなかったので、問題なく手術を受けることができました。
稀に、レーシック手術を受けることによって、飛蚊症の症状が消えてしまう人もいるようですが、そのような効果は保証されていないそうなので、期待しない方がよさそうです。
むしろ、レーシック手術を受けて視界がクリアになったことによって、それまで自覚していなかった飛蚊症の症状をはっきり自覚することになる人の方が多いそうです。
そのため、レーシック手術のせいで飛蚊症になってしまったなどと言う人もいるようですが、あれは大きな誤解だと言うことができます。
つまり、手術が原因で新しく症状が発生したのではなく、手術によって目の見え方が良くなってしまったために、それまで気がつかずにいた症状にも気がつくようになってしまっただけなのです。
実際に、私も手術後には以前より症状が悪化してしまったような感覚に陥ってしまいました。
でも、人間というのは不思議なもので、不快な症状でも何日か経つと慣れてきてしまいます。
私も、症状自体は多分全然改善されていないだろうと思うのですが、最近では全く気にならなくなっています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー