納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術と疲れ目の関係について

レーシック手術を受けた後で眼精疲労や疲れ目が起こってしまうケースが多いと聞きます。
なぜそうなってしまうのかと言うと、急に目が良く見えるようになってしまうので目に今までよりも大きな負担がかかってしまうケースが多いためであると言われています。
また、手術の影響で涙の分泌量が減ってしまってドライアイ気味になってしまうために、余計に目が疲れてしまう人が多いようです。
中には、目が良く見えるようになったことが嬉しくて必要以上に目を酷使して眼精疲労を起こしてしまう人もいるようです。
手術直後に、目が良く見えるようになったために起こる疲れ目は、放っておいてもだいたい1~2週間で治ると言われています。
手術から1~2週間も経てば、目も新しい見え方に慣れてくるためらしいです。
でも、本人が意図的に行った目の酷使が原因で眼精疲労を起こしているようなケースの場合には、自然と治るものではありません。
眼精疲労は、重い頭痛や肩こりを引き起こしてしまいますので、目だけではなく、体全体の不調を引き起こしてしまう可能性があります。
また、手術後に目を酷使していると、近視が戻ってしまう場合もあるようですので、いくら目が良くなったからと言って、目を使い過ぎるのは厳禁だと言うことができます。
最近は仕事で一日中パソコンを用いる人が多いですが、連続して1時間パソコンを使用したら、目を休ませるような工夫をすることがとても大切だと言われています。
仕事の場合ですと、現実的になかなか難しいかもしれませんが、意識して目を休ませるようにした方がよいでしょう。
私の場合、レーシック手術を受けた後で、逆に慢性的な疲れ目や眼精疲労から解放されることができ、とても快適に過ごせるようになりました。
疲れ目や眼精疲労は、レーシック手術の副作用や後遺症の一つとして説明される場合が多いようですが、患者の中には私のように手術後にかえって調子が良くなるケースもあるそうです。
どういう条件の人が手術を受けると逆に調子が良くなるのかは、はっきりとわかっていないそうで、当たり外れがあるとしか言い様がありません。
でも、今までピントを合わせるために目の周辺の筋肉を酷使していた人が、レーシック手術のおかげで物を自然に見ることができるようになり、疲れ目が解消されるケースが案外多いのだそうです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー