納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックをしてコンタクトの疲れ目から解消されました

パソコンを使用することが多い、事務員です。
私の視力が落ちたのは高校3年生の時でした。
受験勉強を夜中までしていて目が酷使されたのが原因です。
視力が落ちてからは外に出かける時はコンタクトレンズ、自宅ではメガネを使いわけていました。
学生時代はコンタクト使用時間と、メガネ使用時間が大差がなく、特に問題はなかったのですが、社会人になってからは朝起きてコンタクトレンズを装着してから、仕事、仕事が終わってもすぐに帰宅することはなく、同僚と飲みに行ったり、友達と遊んだりとコンタクト装着時間がどんどん増えました。
そしてメガネ時間が減っていき、目の疲れを急激に感じるようになりました。
午前中はまださほど気にならないのですが、午後になるにつれて目の疲れが増していきました。
メガネにすれば疲れは少しはマシになるのですが、化粧がメガネにつくのが嫌でコンタクト使用を続けました。
そのうち、夕方には目が疲れによって真っ赤に充血するようになってしまいました。
コンタクトは疲れる、メガネは外ではしたくなかった私にとって残る選択肢はレーシックでした。
たまたま昔からお世話になっていた眼科がレーシックも行っている所だったので、相談にいきました。
手術は日帰りで出来るということだったので、連休前に受けに行きました。
先生にはすぐに仕事に行けると説明を受けていましたが、念のために連休前に予約したのですが、そんな必要は全くありませんでした。
術後からはっきりと見えたからです。
朝起きてコンタクトを装着する手間もなくなり、朝の支度が早くできるようになりました。
夕方目が充血することもなくなり、プールや海にも裸眼で入れます。
こんな便利な生活は何年ぶりか感激しています。
裸眼で生活できることの便利さを実感しています。
その後の定期検診もいつも通っている眼科で受けることが出来るので、会社帰りにさっと寄れて見てもらえて助かっています。
術後半年経ちましたが、あまりの快適さに以前の不便さを忘れそうです。
これからはメガネを買い替えたり、コンタクトの洗浄剤を家にストックする必要もなくなり経済的にも楽になります。
夏には思いっきり海に潜って遊びたいと思っています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー