納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術をしたときの脳への影響について

皆さんは、レーシック手術をしたときの脳への影響について、どのくらいご存知ですか。
私はレーシック手術を受けた際に医師から説明を受けました。
そのときに説明された内容を、これからわかりやすく書いていきます。
まず、目と脳は繋がっています。
これはどういうことかと言いますと、パソコンの画面を長時間見ていたりすると、目が疲れるだけではなく、頭痛が起こったりすることがあります。
皆さんの中にも、そのような経験をされたことのある方はいらっしゃるのではないでしょうか。
何故目が疲れると頭痛がするのかと言えば、目と脳の間にはたくさんの神経が通っていて、繋がっているからなのです。
目の神経の中で、見えるもののピントを合わせる機能を司っている筋肉は、自立神経と繋がっています。
近くのものを見るときには、目の水晶体の形を変形させて屈折を調整しています。
そうやって近くのものを見ている訳ですが、この水晶体を動かしている筋肉は、目の神経から延髄というところに届いて、そこで迷走神経の副交感神経繊維と連絡している構造になっています。
そのために、近くのものを集中して長時間見続けていると、その筋肉を酷使してしまうことになります。
そして、それが続くと自立神経のバランスを崩してしまうのです。
頭痛やめまい、吐き気などの自立神経失調症を引き起こしてしまいます。
そこから更に悪化させてしまうと、うつ病になる可能性もあるのです。
そのため、TVゲームのソフトの注意書きには、必ず「長時間ゲームをプレイするときには、一時間毎に15分の休憩を取るようにしましょう」と書かれています。
普段私たちは目でものを見ていますが、目で見ているのは周りのものではなく、光の情報なのです。
光の情報は目の神経を通して伝達されて、脳が光の情報を処理して、そこで初めて景色などの画像として認識されるのです。
ここで、左右の目の視力が異なっている場合は、不同視といって少し問題が発生します。
この視力差を眼鏡で矯正しようとすると、レンズと目の間に距離があるために左右で見えるものの大きさが異なってしまい、脳が処理するときに混乱してしまってめまいが起こってしまいます。
そのような場合は、コンタクトレンズを使用するか、レーシックをおすすめします。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー