納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術の年齢制限について

昨年、私の父がレーシック手術を受けたいと希望して専門のクリニックへ相談しに行った結果、レーシック手術以外の方法で視力回復をすることになりました。
私の父は既に70歳なのですが、いたって元気な人で、趣味のスポーツをいろいろ楽しんでいます。
特に好きなのが水泳とゴルフなのですが、メガネをしていると何かと不便なことが多いので、レーシック手術を受けたいと考えるようになったようです。
しかし、レーシック手術を行っているクリニックでは、年齢制限をしている場合が多く、60歳もしくは65歳以上の人の手術は行わないようになっている所が多いです。
高齢者の年齢制限だけでなく、18歳未満の若年層の手術はしないクリニックが大半なので、患者の中には不満を感じる人も少なくないと聞いています。
でも、18未満の子供の場合、まだまだ視力が安定していないので、手術後に目の状態が変化してしまう可能性が高く、せっかく行った手術が無駄になってしまうことが多いです。
視力が安定してから手術を受けるようにした方が、確実に効果が得られますので、患者のためになる制限だと言うことができます。
一方、高齢者の場合ですと、手術を受けて遠くが良く見えるようにすることによって、それまで自覚していなかった老眼の症状が顕在化してしまう場合が多いことと、既に白内障を発症しているケースが多いために年齢制限がなされているのだそうです。
私の父が手術の相談をしたクリニックでは、高齢者に対する一律な年齢制限自体はなかったのですが、事前の適応検査の結果、既に白内障を発症していることが判明しました。
白内障は老化現象の一種ですから、70歳という年齢を考えれば仕方のないことかもしれません。
これは、老化現象によって水晶体が濁ってしまい、目がかすんだり眩しく見えてしまったりする方法です。
白内障の症状があまりに進んで、日常生活のにも支障を感じるようになったような場合には、濁ってしまった水晶体を取り出して代わりに眼内レンズを挿入する手術を行うのが一般的です。
私の父の場合、現段階では本人に白内障の自覚がありませんでしたが、今後悪化する可能性が考えられましたので、レーシック手術ではなく、視力矯正も可能な眼内レンズを挿入するという手術を行ってもらいました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー