納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック難民になってしまいました

レーシックを受ける人は、年々増えているようです。
夢の裸眼生活に思いを馳せ、意気揚々と検査を受けて、手術に挑んでいるのでしょう。
私もそうでした。
でも、私にとっては地獄の始まりでした。
レーシック難民という言葉をご存知でしょうか。
レーシックは裸眼で生活できる夢の手術かもしれませんが、そのデメリットやリスクなどについては、あまり耳に入ってこないような気がします。
事実、私もそうでした。
溢れる成功体験談に、自分も目が見えるようになる。
コンタクトレンズのいらない生活になると、楽しみに手術を受けました。
術後は、痛みに悩まされ、見えるはずの目が見えすぎる状態で、これは本当に苦痛です。
目が疲れるので眼精疲労が止まらず、頭痛にも悩まされました。
こめかみを締め付けられる痛みは拷問のようでした。
こういう症状に悩まされる人をレーシック難民というらしいです。
この状態から回復される方ももちろんいて、徐々に上がりすぎた視力が落ちていき、いい塩梅の視力になる人がほとんどなのかもしれません。
私は、この状態を医師に何度も伝えましたが、いずれ落ち着きますと繰り返し言われました。
実際、ほとんどの方がそうなのかもしれませんが、こういう症状に悩んでいる人もいると、眼科医にも理解してもらいたいのです。
手術前の説明で、ここまでのデメリットは聞いていませんでした。
いや、このようなことを聞いていたら、手術は躊躇したかもしれません。
でも、「目」という器官は本当に重要なものだと思いました。
これなら、コンタクトレンズやめがねで普通に生活できていたのだから、よかったのではと、手術したことを後悔しています。
医師に伝えると、クレーマーのように思われたのか、一旦診察は打ち切られてしまいました。
結局、私は仕事を辞めるまでに追い込まれました。
仕事をできる状態ではない、そのくらい辛い状況ですが、医師にも見放されました。
他の病気も疑って検査を勧められましたが、陰性です。
この先どうすればいいのか毎日が不安です。
自分ははずれくじに当たってしまったのでしょうか。
心のよろどころがなく、メンタルクリニックに通うようになってしまいましたが、根本的な解決にはなっていません。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー