納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

左右の視力の差で悩まされていた頭痛がレーシック手術で改善されました

私は、高校の頃からコンタクトレンズを使っています。
当然視力が悪いので、コンタクトレンズを愛用していたのですが、もう一つ理由があり、その原因の一つが右目と左目の視力が大きく違うと言うことにありました。
昔はメガネを使っていたのですが、左右の視力は計測するごとに変わることがあり、その度にメガネを作り替えていました。
しかし、合わないメガネを長く装着していることで、頭痛が生じてきたことも多々あり、コンタクトレンズなら短いスパンで買い替えが生じるので、度数の変更にも柔軟に対応することが可能です。
そのため、高校生の頃から長期に渡ってコンタクトレンズを装着してきたのですが、次第に左右の視力の差が大きくなり、思い切ってレーシック手術を受けることにしたのです。
私の周りにも左右の視力の差が原因で頭痛が起きてしまい、レーシック手術を受けることで改善されたと言う話を幾つも聞いており、期待を込めて手術の決断に踏み切りました。
経験者の話では、最初は世界がまぶしく感じ、帰宅するのも大変だったと言う話を聞いていたので、手術当日は、リッチにタクシーで帰宅しました。
帰宅してからも、元々左右の視力に差があったので、目の前の物をつかもうと思っても、実は距離が違い掴めなかったと言うことも何度かありました。
しかし、3日後にはそれらが少しずつ解消されてきました。
今までは、良い方の目が早く疲れてしまい、映画など長い時間画面を見ていることができなかったので、ネットで検索するのも非常に疲れを感じていたのですが、レーシック手術を受けてから左右の視力が均等になったことで、映画を見る楽しみもでき、また苦手だったパソコンにも挑戦することができるようになったのです。
そのため、仕事の幅も広がって世界が大きく変わりました。
一番ありがたいと感じたのが、やはり頭痛の改善です。
在宅時は、裸眼で過ごすことが多く、そのため左目と右目の視力の差で頭痛を感じることが多々ありましたが、今は裸眼で過ごしても頭痛を感じることが全く無くなりました。
これは本当に嬉しい出来事でした。
また旅行の時もコンタクトレンズのお手入れ用品を持ち歩くこともなく、快適な毎日を過ごしています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー