納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック 視力度数との関係について

レーシックは角膜をレーザーで削って角膜のカーブを変えることで屈折異常を矯正し視力を改善する手術法です。
メガネやコンタクトレンズを使用して視力を矯正している人はメガネであればスポーツなどをする時に邪魔に感じたり、コンタクトであれば目に直接装着するので衛生面での心配と保存液の交換など普段の手入れの煩わしさからレーシック手術を希望する人はたくさんいます。
度数が強度の近視であっても手術は適応可能なのかどうかですが、だいたいの強度近視・遠視・乱視の手術・治療はレーシック適応です。
強度近視とは近視度数-6.25D以上で、裸眼視力で視力0.05未満と定義しています。
手術を受けた人の99.5%以上の人が視力を1.0以上に回復しているというある病院のデータがあります。
メガネやコンタクトを長年使っている人でも適応検査等で目に異常がなければレーシック適応で手術可能とされています。
実際に私も近視で長年メガネとコンタクトレンズを併用していましたが、検査を受け手術するのに問題ないことを確認してから手術を受けました。
術後今で2年ほど経ちますが、後遺症などなく快適な生活を送れています。
これだけメリットのみが注目される手術ですが、デメリットとしては手術後麻酔が切れると痛みを感じる方が結構いらっしゃることです。
感染症や後遺症で悩んでいる人はほとんどおらず、ドライアイのため目薬を肌身離さずもっていて使用しているという人がいるくらいですのでそう恐れるものでもありません。
費用としても以前は何十万円も必要となっていましたが、医療技術の進歩と多くの病院で手術できるようになったため競争が激しくなり価格は安ければ10万円ちょっとで出来るところが増えてきています。
コンタクトであれば定期的に眼科へ行き、眼とレンズの検査が必要ですが、手術すれば通院しなくてよい点もメリットです。
手術自体も15分程度と非常に短い時間で完了します。
視力が安定するまで個人差もありますが1週間から1か月程度とされています。
またレーシックには健康保険が適用されず全額個人負担とされていますが、民間の生命保険の中には手術給付金を適用できるものもあるので一度確認していましょう。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー