納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックの痛みについて

私は、極度の近眼でコンタクトレンズを常用していたのですが、一日中つけたままでいることが多く時にはうっかりそのまま眠ってしまうこともあるので、これは目に負担が大きいだろうなと心配でした。
眼鏡も持ってはいるのですが、自宅の外ではあまりかけたくありません。
そんな時、雑誌の広告でレーシックという視力回復手術があることを知りました。
目の角膜そのものの曲率をレーザーで矯正することで、裸眼で生活できるようになるのだそうです。
早速、電話で病院に問い合わせをしてみた所、検査から手術まで全て一日で終わらせるプランがあるとのこと。
手術を受ける際には入院しなければならないと思って構えていたのですが、とても簡単に済みそうだったので驚きました。
そして、実際に私はレーシックを受けられるかどうか検査するために病院に行ってみることにしました。
検査の結果、レーシック手術を受けても大丈夫とのことだったので、早速お願いすることにしました。
手術を受ける前に受けた注意事項の中に直後に痛みが出る恐れがあるとの項目があったので、その点で少し心配だったのですが、目薬の麻酔や鎮痛剤を用いるとのことだったので安心して手術に臨むことができました。
目薬をさして麻酔が効いてきたらすぐに手術が始まりました。
両目で30分弱といった所でしょうか。
これで終わりなのと拍子抜けする程、あっという間に終了しました。
手術後は、しばらく安静にして病院内で過ごしました。
やがて麻酔が切れて痛みが出てきたのですが、鎮痛剤入りの目薬をさしてもらって治まりました。
私の場合、痛み自体はそこまでひどくなかったので、不安になることもありませんでした。
どんなにひどくても翌日には治まるので心配はいらないとのことでした。
やがて痛みと気分が落ち着いてきたので、自宅に戻ることにしました。
念のために鎮痛剤の目薬と目を保護するためのゴーグルをもらいました。
その日一日は、鎮痛剤が切れる度に痛みというか違和感のようなものが目にあったのですが、翌日になるとすっかり良くなっていました。
目覚めた時の視界の鮮明さにはびっくりしました。
一瞬、またコンタクトレンズをつけたまま眠ってしまったかとヒヤッとしました。
裸眼でこんなにはっきり物が見えるなんて感激です。
新しい人生が始まったような感動がありました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー