納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術は長期の通院が必要ない

子供の頃からメガネを愛用し、また高校生からコンタクトレンズ生活を送ってきた私にとって、レーシックは夢のような手術であり、以前から興味を持っていました。
しかし、現在の仕事がかなり忙しい仕事であり、入院することは難しく、また術後の長期に及ぶ通院も無理だと思い、レーシック手術を半ば諦めていたのですが、同僚が去年手術を受けたと聞いて驚いていしまいました。
何故なら、レーシックは、通常日帰りが可能なこと、また翌日から通常通りの生活が送れること、違和感も1週間すぎればなくなることは、全く知りませんでした。
さらに私が驚いたのが、長期に及ぶと勝手に思っていた通院も実は、翌日、それから10日後、1カ月後と多くなく、多忙な私でも難なく通院することが可能だとわかったのです。
それを聞いて、一気に私のレーシック熱は極限まで上がり、とうとうレーシック手術を受けることになったのです。
病院選びですが、同僚から紹介してもらった病院で行うことにしました。
事前に先生が、今後ドライアイが進んでしまうかもしれないと、リスクをきちんと説明してくれたことで、自分で術式を選択し、納得いくインフォームドコンセントを受け、安心して手術に挑むことができました。
手術は、意外なくらい簡単に終わってしまい、週末を選んで手術をしたので翌日はゆっくり自宅で休むことができました。
週明け午前中の数時間を使って通院し、特に問題が無く、10日後の検診も問題がありませんでした。
心配していた後遺症も全く無く、先生がおっしゃっていたドライアイも感じることがありませんでした。
私は、経理の仕事をしているので、仕事をしていても午前中に疲労感を感じ、お昼休みは目を休めても午後疲労感を感じることが多かったのですが、手術後は、疲労感を感じることがほとんどなく、バリバリと仕事をすることが可能となりました。
効率も良くなったので、仕事の評判も上々です。
さて、病院ですが、やはりきちんと説明を受けてくれるところ、そして何より経験者の話を聞いて選ぶことが大事だと感じました。
目は身体の中でも、酷使してしまうことが多く、疲労を感じやすい箇所です。
故に大事にしたいと、ひしひし感じました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー