納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術で生命保険の手術給付金をもらいました

私は以前から加入していた生命保険に医療特約を付けていたために、レーシック手術を受けた際に手術給付金を受けることができました。
生命保険を契約したのはもう何年も前のことで、契約した際に医療特約を付けたことは覚えていましたが、まさかレーシック手術で手術給付金を受け取ることができるとは思っていませんでした。
病気やケガの治療の場合しか給付対象にならないのではないかと勝手に思い込んでいたので、給付金を請求することなど全く念頭になかったのですが、手術を受けた病院のお医者さんが、生命保険の給付対象になると教えてくれました。
そもそもレーシック手術は自由診療扱いなので、健康保険が適用されず、手術を受ける患者は費用を全額自己負担しなくてはなりません。
手術料金は各医療機関が自由に決めることができるので、どこで手術を受けるのかによって大きく料金が変わってきます。
しかし、全般的に見れば、保険が効かない分だけかなり高額であるのは確かです。
私の場合は、約15万円かかりました。
もっと安いところもあれば、ものすごく高いところもあるようです。
でも、15万円でも決して安くはありません。
なので生命保険の手術給付金を受けることができたのは本当にラッキーでした。
私は入院日額1万円の契約を結んでいたので、その10倍である10万円の給付を受けることができました。
他の保険会社がどのような扱いをしているのかは知りませんが、私が契約していた保険会社では入院日額の10倍が給付されるようになっていました。
お医者さんの話では、最近はレーシック手術で生命保険や損害保険の手術給付金を受ける人が大勢いるそうです。
中には、手術給付金を受ける目的で手術の直前に保険契約を結んで、給付金の支払いを受けると同時に解約してしまうような人もいたらしく、ここ数年、対抗策を取る保険会社が増えてきているそうです。
保険会社の中には、約款の改訂を行って、レーシック手術は対象外としてしまった会社もあるようですし、給付がオーケーだとしても手術の2年以上前から保険に加入している場合のみ給付するなどといった条件を付している会社も少なくないようです。
ですので、将来的にこの手術を受ける可能性がある人が保険契約を新規で結ぶ場合には、契約内容をよく確認することをおすすめします。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー