納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックによる視力回復に成功

以前の私は、近視(両眼あわせて0.01)と強度(特に左)乱視のため、眼鏡・コンタクトによる視力矯正をしていました。
当時の眼鏡はファッション性に乏しく、コンタクトは手入れ、目の乾き、点眼など、日常行動に注意を払わなくてはなりません。
私は特に乱視が強いため、コンタクトも安いものが選べず高額。
毎月の支払いに、ため息がでるばかりでした。
そんな時インターネットで、視力回復ができる手術があるという情報を見つけました。
それが、レーシックです。
眼鏡やコンタクトなしの生活が手に入る。
私にとっては夢のような話でした。
すぐにインターネットで、レーシックとはどんな手術なのか、視力はどれくらい回復するのか、手術の費用など、あらゆる情報を調べました。
多くのレーシックを行っているクリニックの中で、私はとあるクリニックさんを選びました。
そのクリニックさんのHPでは、レーシックの快適さはもちろん、安全性を重視する流れ作業ではない手術、そして合併症についてまで、詳しく記載されていました。
私はまず無料説明会の予約をしました。
そして実際クリニックさんへ行きました。
そこで私は、穏やかな雰囲気の院内、丁寧なカウンセリング、専門知識のない私にとても分かりやすく説明してくださるドクターに出会いました。
私はここでレーシックを受けよう。
そう強く思い、手術の予約をいれました。
そして手術当日の朝。
目を保護するために使用する伊達眼鏡を持ち、クリニックさんへ向かいました。
ここで裸眼での生活が手に入ると思っていましたが、やはり手術となると少し緊張。
スタッフさんはそれを察してくださったのか、とても丁寧に対応してくれました。
いよいよ手術開始。
あっという間に終わりました。
処置台からおりると、視界が少し白くみえました。
これは説明の時にきいていたので、「ああ、こういうことなんだな」と思っただけで、不安は起こりませんでした。
スタッフさんに誘導してもらいながら、診察室へ。
目の状態をドクターに診てもらい、問題ないとのこと。
夕診まで時間があるので、いったん家へ帰りました。
伊達眼鏡をしていましたが、その頃から、ぼやけながらも見える状態でした。
夕診のために、再度クリニックさんへ向かいました。
向かう途中で、「今まで裸眼で見えなかった、駅の文字盤がみえる」と気がつきました。
クリニックさんへ到着。
視力は両眼あわせて0.7程。
手術前の自分の視力とは思えない数字でした。
すごい。
こんなに見えるものなんだと思いました。
診察にて、フラップのズレもなく、問題ないとのこと。
一週間ほどで、視力は安定すると再度きき、帰宅しました。
一週間後、視力検査結果は、右1.2、左1.0でした。
ぼやけもなく、裸眼でもスタッフさんの顔がはっきりと見えました。
診察にて、フラップは安定し、感染もない綺麗な状態であるとのこと。
私の手術は成功したのです。
伊達眼鏡も外して帰りました。
見える景色がとても綺麗だと感じたのを、今でも覚えています。
快適な裸眼生活が、これからずっと続くのですから。
手術をしてから、かれこれ5年経ちますが、特に目に問題はありません。
眼鏡もコンタクトも要らない、快適な生活をおくっています。
あの日自分で信頼できる先生に出会えたことに、今でも感謝しています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー