納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックを受けるにあたって、私が拘った病院選びの条件

中学生の時に視力が下がりはじめて、高校生の時からはメガネが生活にかかせなくなりました。
大学生になった時は、オシャレをしたかったし、メガネは化粧がついてしまうので嫌だったので、コンタクトレンズレビューしました。
そしてコンタクトレンズ生活は社会人になった去年の春まで続いていました。
社会人になって、コンタクトレンズのお手入れが煩わしいと思うことが多々ありました。
通勤場所が遠かったので、朝は早く家を出ないといけないからです。
起きがけは目が充血していることが多く、コンタクトレンズが入れづらく、時間がかかってしまうことが多かったからです。
ただでさえ忙しい朝の時間をコンタクトレンズに時間を取られる生活にうんざりしていた時に、職場の先輩がレーシックを受けたと聞きました。
休憩時時間に先輩にレーシックについて色々質問しました。
先輩は病院選びが大事だよと言っていました。
手術件数が多いベテランの先生を探すと良いとアドバイスされ、私はレーシックを受ける病院の条件は手術件数の多さだと確信しました。
私は口コミサイトで評判が良く、家からも近い場所にあり、そして何よりも手術件数の多い眼科で受けることにしました。
はじめて眼科に行くときは緊張していましたが、最初のカウンセリングで緊張の糸がふっと無くなりました。
とても優しい口調の先生で、丁寧に説明してくれたので安心出来ました。
手術も説明してくれた先生が担当してくれるとのことで、当日まで何の不安もなく過ごすことが出来ました。
手術内容は先輩から詳しく聞いていたので、特に緊張もせずに受けることが出来ました。
翌日、朝目を覚ましてびっくりしました。
朝からくっきり見えるのです。
母の顔がこんなにはっきり見えることははじめてで、何だか照れくさくなりました。
手術の翌日に普通に会社に出勤出来たことも驚きでした。
朝の支度がいつもより早く終わったので、いつも乗るより2本早い電車に乗ることが出来ました。
おかげで電車に座って通勤することができました。
休憩時間には相談に乗ってくれていた先輩に報告しました。
先輩もやって良かったねと言ってくれました。
こんなに快適な生活が送れるなんて、想像していた以上に便利です。
裸眼で生活出来ることの有り難さを感じています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー