納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックの術後、3年経ちましたが視力は良好です

手術の次の日、天井の模様が見えた時に、涙が出そうなくらい感動してしまいました。
10歳から、TVゲームのやりすぎで視力が低下してからずっとメガネ、コンタクトの生活をしてきました。
手を、目から10センチぐらいまで近づけないと見えない。
なにより、牛乳瓶の底のようなメガネをかけた自分の顔が醜くて自分が許せませんでした。
社会人になってある日、ひどいドライアイで、目が傷ついてコンタクトがつけられない時期がありました。
その時に、当時付き合っていた彼と、取引先のお店に一緒に訪問するときに言われました。
「メガネ取れよ」と。
グサッと、心につきささるように、その言葉が突き刺さりました。
その時、レーシックをして成功した大学時代の友人と会ったことを思い出しました。
その子は術後一年ぐらいで、裸眼でとても快適だと言っていました。
手術した病院は大手で、安心できたと言っていたのを思い出し、次の日、その病院にレーシック手術のための検査日の予約の電話をしました。
手が震えていたのを覚えています。
でも、それでも、私は自分を変えたかったのです。
手術する当日、手術台に乗ったときは、正直私の人生終わったと思うぐらい、観念した気持ちでした。
でも、麻酔をしていましたし、まっくらな視界の中でのレーザー手術だったので、怖い気持ちでいっぱいでしたが、痛みはまったくありませんでした。
帰宅後、光がまぶしくて、めがしょぼしょぼして、涙が止まりませんでした。
でも、2日ぐらいでおさまりました。
術後、一週間が経つと、視力も安定してきて、本当に、自分は視力がよくなったんだということが実感できました。
いろんな副作用の話も聞きましたが、私はほとんど副作用がなかったようです。
術後から3年経ちましたが、視力は日によって、多少変動しますが、ほぼ良好です。
毎年の健康診断では、左右で1.5か1.2ぐらいです。
パソコンの仕事を一日8時間以上したり、プライベートでもTVゲームをしたり、毎日目を酷使しているほうなので、一時期は視力が落ちたような状態にはなりましたが、きちんと規則正しい生活を送ったり、ちゃんと首や目のコリのケアをするようになってから、もとの見え方にもどりました。
レーシック手術を体験して、裸眼の自分に自信が持てるようになり、生活も快適になり、何より目の大切さに気づけたことが本当によかったと感じています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー