納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術をすると出目金になってしまうという噂について

私は今年レーシック手術を受けました。
でも、レーシック手術に対しては肯定的な意見が多数ある反面、同じくらいの量の否定的な意見も耳にします。
インターネットを使って調べてみると、まさに賛否両論といった感じになっているので、正直言って不安に感じる部分も多かったです。
特に最近では、著名なサッカー選手がレーシック手術の失敗で出目金になってしまったという噂があるので、とても心配していました。
テレビでその選手の顔を見ると、確かに出目金と言われても仕方がないような感じに目が飛び出していて、人相自体がかなり変わってしまっていたので、あのようになってしまうのは嫌だと思ったのです。
そのため、手術を受ける予定で相談しに行ったクリニックで、ちょっとしつこすぎるくらいに、手術のデメリットや後遺症のことなどを確認しました。
大事な目の手術ですから、あまりに大きなリスクを冒してまで視力を回復したいとは思えなかったのです。
でも、私が相談したお医者さんが、嫌な顔一つせずに細かな質問に対してもきちんと説明してくれたので、納得して手術を受けることができました。
手術を受ければ、どのような副作用や合併症が起こる可能性があるのか、また、それらの発生を回避するためにはどうすればよいのかなどを、とても丁寧に説明してくれたので、安心して手術を受けることができました。
おかげさまで、今のところ、特に気になるような症状は起こっていません。
お医者さんの話では、もともと角膜があまり厚くない人が過度に視力矯正を行うと、角膜が薄くなりすぎて眼圧に耐えることができなくなり、目が前に飛び出したようになってしまう場合があるのだそうです。
いわゆる出目金状態になってしまうわけですね。
出目金を治すためには、再手術するしかないらしく、そうならないためには最初から角膜を削りすぎてしまわないようにすることが最も重要だと言っていました。
過度に角膜を削りすぎると、出目金になってしまうだけでなく、見えすぎによって頭痛や吐き気などの体調不良が起こってくる可能性も考えられるそうなので、要注意だそうです。
また、もともと角膜が柔らかめの人は術後に目が飛び出してしまいやすいので気をつけた方がよいとも言っていました。
これらの問題点をきちんと説明してくれるお医者さんだったので、かえって信頼することができ、安心して手術を受けることができました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー