納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックを受けられない不正乱視

私がレーシック手術を受けたいと思ったのは今から5年ほど前のことです。
小さい頃から乱視が強くコンタクトも当時はハードレンズしかなく目がゴロゴロしほんの小さなホコリでも入ってしまうととても痛くたまりませんでした。
しかもこれは一番気になったのですが仕事の8時間でも目が非常に疲れ周りからはキツイ目に見えるとのことでした。
見た目に支障が出るのも嫌ですしコンタクトや眼鏡のわずらわしさからレーシック手術に興味を持ちました。
ネットで調べてみるとレーシックとは近視、乱視の矯正をするレーザー手術であるということ、わりと低価格で出るということを知りました。
まずは無料で目の状態を見る検査の予約を入れました。
検査当日、私と同じように検査に来ている人がたくさんいました。
私の番になり検査になったのですが目をかなり大きく開くように言われました。
自分では開いているつもりでしたが眼科医からすると足りないようで大変でした。
次々に検査を行われ、かなり強い乱視であることを指摘されました。
近視はそれほどでもない、乱視がひどいとのことでした。
検査の結果はレーシック手術は受けられないとの診断でした。
医師によると乱視が強すぎ、目の表面がデコボコになっているため受けられないとのことでした。
たとえ手術を受けたとしても今より視力が上がるかどうか分からないとも言われました。
私としても確信のない手術をお金を払ってするつもりはなかったので手術は諦めました。
その時は乱視が長年かけて強くなり本来は楕円である目の表面がデコボコしてしまい手術は難し状態なんだと解釈しました。
手術をしてコンタクトや眼鏡のわずらわしさから解放されると思っていたので残念ではありました。
手術を受けられなパターンがあるとは思いもしませんでした。
ちょうど同じ時期にわたしの知り合いで手術をした方がおり、やはり快適だと言っていました。
スポーツをするときは特に快適だそうです。
適正検査自体は無料でしたので受けられないという診断でも金額の痛手は少なかったです。
検査を受けてから5年の月日がたち、ふとまた視力矯正に興味が出てきたので調べてみることにしました。
自分の乱視は今でも手術不可能なのかと気になりました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー