納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

中年の斜視改善のためのレーシック手術は有効かどうか

近頃よく耳にするレーシック手術、斜視で長年苦しんでおられる方々は視力回復と聞いて効果がとても気になるところではないでしょうか、私自身もその一人です。
もしかして長年の悩みから解放されるなら、ぜひ受けたいと色々調べてみましたので、よろしければ同じ立場の皆さんご参考にしてください。
まず結果からいうとレーシック手術で斜視は治りません。
けれど視力回復はできます。
私も始めは、どおゆう意味か、この二つの違いが理解できませんでした自分自身の病気の認識が甘かったのです。
そこで斜視について少し説明すると、そもそも筋肉の病気です。
ですから外見的に分かる寄り目、ろんぱりは眼球に付いている筋肉の調節が上手くできず起こっている現象なので、この筋肉の長さ位置などを調節する手術を受けなければ治りません。
次に視力回復ですが近視と乱視がひどく、左右の度数の激しい違いから眼が寄る症状が出やすくなっているなら、レーシク視力回復によって原因が減り改善できる可能性があります。
残念ながら私の場合は遠視と乱視なので、このケースには当てはまらないのですが、あらためて適正を見るため眼の検査した結果、最近は老眼により遠視が軽減され近視よりになってきている為、両眼の極度の度の違いを調節させる為にかけていた眼鏡の度数を軽くする事ができました。
それだけでも、それまでは分厚い虫眼鏡のようなレンズで、いつも鼻のつけ根が重みに耐えかねて赤らんで腫れていた私には大収穫でした。
結論をいいますと見た目、視力、両方を直すには別々の二つの手術が必要ということでした。
もちろん両方なさっているかたも、おられます。
その際には二つの手術を両方をしてくれる病院はとても少ないです。
けれども両方の先生に事情と希望を詳しく伝え連携して両方の治療を行うのも可能なので、まず始めに、なにをおいても私のように斜視を先に見てもらえる眼科で先生にレーシクの相談をして検査をしていただくのが良いと思います。
中年になると加齢による眼を支えている筋肉衰えなども考える資料の一つとなるらしので、いきなりレーシクのみの専門医での治療はリスクが多いのだと知りました。
斜視で苦しんでいる皆さん、ぜひ一度、病院に足を運んでみてください今は電話などで無料相談を受け付けている所もあります。
私は久しぶりに眼科を訪れレーシック治療には向かない眼だと調べてレーシックに対する憧れのモヤモヤした気持ちに納得がいき、又べつの新しい治療のアプローチなども先生から、お聞きすることができました医療の世界も刻々と進歩しているんだなと驚き、自分の病と、もっと仲良く手をとっていこうと思いました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー