納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術による失明の可能性について

レーシック手術の際に、間違って余計な所を傷つけられてしまい、失明してしまったりすることがあるのではないだろうかと、心配する人がたくさんいます。
かくいう私もその1人でした。
メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されたくてレーシック手術を受けることに決めたものの、やはり大事な目を手術するわけですから、必要以上に神経質になってしまいました。
何もしないでいれば、たとえ見えっぷりは悪くてもとりあえず目が見えているわけですから、手術で万が一のことが起こって目が見えなくなったりでもしたら、後悔してもしきれなくなってしまいます。
それで、いつもアレルギー性結膜炎の治療などを受けに通っている眼科のお医者さんに、手術のことを聞いてみました。
そこは、本当に普通の眼科だったので、レーシック手術は取り扱っていませんでした。
だからこそ、中立的な意見を聞くことができるのではないかと思ったのです。
その眼科のお医者さんの話では、レーシック手術自体が原因で失明してしまったという報告はこれまでに1件もないとのことでした。
ただし、過去に失明した症例がないというだけで、今後も必ず大丈夫だという保証がなされているわけではありません。
要するに、失明という最悪の事態は、執刀する医師の技量不足に起因するので、実績数が多く、技術も確かなクリニックを選んで手術を受けるようにすることがとても大切だと言われました。
最近では、レーシック手術を行う美容整形外科がたくさん出てきましたが、そのような所ではなく、眼科専門でかつ手術専門の医師がいる病院を選んだ方がよいと教えてもらいました。
美容外科の場合ですと、形成外科の訓練は受けていても、眼科の専門知識はない場合が大半なので、万が一何らかの合併症が発生してしまっても、適切な判断や処置を期待することが難しいのだそうです。
盛んに手術の宣伝をしている所は美容外科である場合が多いので、安易に広告に惑わされてしまわない方がよいとアドバイスされました。
眼科のお医者さんから受けたアドバイスを元に、扱った症例数が多くて、評判も良い眼科専門医がいるクリニックを見つけ出して、そこで手術を受けました。
事前に手術の相談をしに行った際の説明内容が非常にしっかりとしていたことが、そこのクリニックを選ぶ決め手になりました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー