納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術は失敗だったのではと、思うことがありました

念願のレーシックを受けることにしました。
長年、眼鏡&コンタクト生活を強いられていましたが、夢の裸眼生活になることができると思うとワクワクしました。
インターネットで、いろんな病院を比較してみました。
あまり家から遠くない病院で手術を受けることに決めました。
カウンセリング相談会に参加し、検査日を予約し、検査の結果、レーシック手術を受けても大丈夫と太鼓判を押してもらい、手術に挑みました。
手術当日は、少し緊張しましたが、あっという間の手術時間でした。
そして、術後、以前より目が見えるようになっていました。
私はすごくうれしくなりました。
しかし、3日後くらいから、目がギラギラするようになってすごく疲れるようになりました。
手術をしたばかりだから、目が慣れないのだろうと思っていました。
しかし、数日たってもなかなかなれません。
というのも、見えすぎるのです。
というわけで、遠視用の眼鏡をかけることになりました。
これは、失敗したのかと、とっても不安になりました。
先生は、慣れてきますといいますが、不安でした。
それから、数か月たちましたが、まだ、視力が安定せず、ドライアイがひどい状態でした。
先生は、診察のたびに、大丈夫、問題ないと言いました。
そのうち仕事にも支障がでるようになりました。
普段、パソコンを使うことが多いので、頭痛が頻繁に起こるようになりました。
自分なりにこの状態を調べていると、結構頻繁に起こるか矯正というものでした。
しかし、すぐに視力が回復し、夢の裸眼生活を送ることができると思っていたのに、まさか、遠視用の眼鏡をかけて生活をすることになるとは思っていなかったので、手術は失敗したのかと、とっても落ち込みました。
何カ月も時間だけが過ぎていき、不安に思っていました。
ただ、徐々に視力が落ちはじめ、見えやすい視力に落ち着くようになってきました。
きっと、医者はこのことをわかっていたから大丈夫だと言っていたのでしょう。
しかし、私にとっては不安しかありませんでした。
納得のいく説明を、医師にもらえなかったことで、失敗なのではと不安に押しつぶされました。
結局、患者は納得することができれば、このような状況になっても頑張ることができるとおもいますが、私は精神的につらかったです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー