納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術の治療費は10万円以下のところも多い

私の家族は、遺伝的に近視の家系で3人兄弟全員が幼い頃からメガネを掛けてきました。
思春期になると、兄を除き私と弟はコンタクトレンズに移行しました。
私も弟も運動系の部活に入っており、特にバスケットボールをやっていた弟は顔面にメガネが当たると危ないと言う理由で、コンタクトレンズを選択しました。
大学生になっても兄だけがメガネをかけ、私達はずっとコンタクトレンズを愛用していたのですが、頑なにメガネ派を守ってきた兄が、コンタクトレンズをすっ飛ばしレーシック手術を受けた時は、本当に心底驚きました。
兄はパソコンを使う仕事をしており、長年肩こりに悩まされていました。
もちろん仕事柄と言うこともあったのですが、メガネも原因の一つだと言うことになり、色々考えレーシック手術を受けたと言うのです。
私も弟もレーシックには興味があったので、体験談を興味津々で聞いたのですが、治療費は私達が想像していたよりも安く、長くコンタクトレンズを使うのならレーシック手術を早目に受けた方が割安かもしれないと感じました。
安いところでは、10万円以下で手術を受けることが可能とのことです。
コンタクトレンズは、医師の診断を受ける必要があり、仕事が忙しい時は、受け取りが大変だったのですが、手術は一度受ければずっと良い視力を保つことができます。
そこで、兄の紹介で私と弟もレーシック手術を受けることにしたのです。
兄は、実績が物を言うとのことで、手術の件数が多いところに絞って、治療費は二の次に考え、安全性を第一に病院を選んだそうです。
私達は、兄が手術していると言うこともあり、安心して病院で手術を受けることができました。
私よりも先に弟が手術を受けたのですが、あまりにも快適過ぎて、毎日感動していると言う話を聞いて、ちょっと誇張し過ぎではないかと思っていたのですが、実際自分が手術を受けると、その話は全くの真実であって、ウソ、偽りは無く私自身、毎日手術を受けて良かったと都度感じながら日々を過ごしています。
近視が治療できる時代になったと言うことで、私達近視3兄弟がメガネやコンタクトレンズを必要としない生活を送れるようになったのは、夢のような話です。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー