納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックを受けて最高に素晴らしい毎日

私がレーシック手術を受けようと思ったきっかけは、会社の同僚が手術を受け、見えることの楽しさをこんこんと語っていたからでした。
私は学生のころから目が悪くなりだして、視力は両目とも0.03でした。
コンタクトや眼鏡にも慣れていたので、それほど不自由にも感じていなかったのですが、同僚が目が見える生活を楽しそうに話すのと、あと料金的にも、今後コンタクトや眼鏡の費用を考えると、それ程高く感じませんでした。
その同僚に病院を紹介してもらい、手術内容や痛くないかなど色々聞き出して、病院に電話をすることにしました。
手術まではそれほど恐怖は感じていなかったのですが、当日はさすがに緊張しました。
手術台では冷汗が止まらなかったのですが、横にいる看護婦さんが大丈夫、すぐ終わりますよとずっとついていてくれたので少し心が救われました。
手術後はすこし膜が張ったような目の見え方だったのが、翌朝起きて目を開けると、ワンルームの私の部屋がくっきりと見え、自分の部屋なのに初めて見るような感覚でした。
そして天気が良かったので窓を開けて外を見ると、空や遠くの景色まで本当にひとつひとつがくっきりと見え、すがすがしい気持ちになりました。
同僚が言っていたように、確かにこれは世界が変わって見えると感じました。
今までの毎日は、まず起きて眼鏡をかけて、それから顔を洗って、コンタクトを付けて、という作業があったのですが、今はそれがなくなったわけです。
この作業がないだけでも楽ですし、コンタクトを付けていた時は目の乾燥や、目の病気にもなったりと色々ありましたが、それに悩まされることもなくなりました。
女性ならではですが、化粧をするのが楽しくなりました。
鏡に映った自分がはっきり見えて、アイメイクに時間をかけて、今までよりも丁寧に化粧が出来ているようでうれしいです。
もちろん他人の化粧もきれいにわかるので、そのアイライナー綺麗だね、などお化粧トークにも花が咲きます。
あともう一つ、楽に感じることは車の運転です。
景色も今までよりもはっきりと見えるので、肩の力を抜いて、急に車が出てきたときも瞬時に行動出来ていると思います。
とにかくレーシック手術を受けて、毎日が最高に輝いて見えます。
手術を受けるのを迷っている方に、ぜひこの感動を知っていただきたいと思います。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー