納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術を受けた場合に起こりうる合併症について

もともと強度の近視がある人がレーシック手術を受けると、網膜剥離を起こしやすくなり、最悪の場合には失明してしまう可能性もあるのだそうです。
また、未熟な医師がレーシック手術を行うと、手術の失敗に起因する角膜拡張や不正乱視などの合併症が起こりやすいと言われていますので、病院選びは慎重に行う必要があります。
一方、医師の技量には何の問題がなかったとしても、レーシック手術に伴う合併症が発生する可能性はかなり高いので、あらかじめそのあたりのことを十分に理解しておくことが大切です。
たとえば、手術自体は何の問題もなく行われたとしても、かなりの高確率で発現する合併症があると言われています。
それはハロー現象やグレア現象、スターバースト現象、ドライアイ、コントラストの低下などです。
私自身、今から1年程前にレーシック手術を受けた後で、結構キツいグレア現象とコントラストの低下が起こり、手術直後は随分と不便しました。
しかし、2~3ヶ月で症状がおさまりましたので、今はそのような症状は残っていません。
それぞれどのような症状であるのかと言うと、ハロー現象は光源の周りにぼんやりと霞がかかったような状態に見えてしまうことを指します。
グレア現象は光が異常なまでに眩しく見えてしまう現象で、スターバースト現象というのは特に明るい部分が星型に光って見えてしまう現象のことです。
ドライアイについては知っている人の方が多いでしょうが涙の分泌量が減り目が乾きやすくなる症状です。
また、コントラストの低下は、夕暮れ時から夜間にかけて色の識別が難しくなってしまう症状です。
私の場合、特に顕著に起こったのはグレア現象とコントラストの低下でしたが、これらの症状は、程度の差こそあれ、レーシック手術を受けた直後にほとんどの人が経験する症状だそうです。
脳が、手術を受ける前の物の見え方を記憶しているために起こる現象なのだそうで、時間の経過とともに症状は消失していきますので、あまり心配する必要はありません。
私は2ヶ月程で症状がおさまって普通に見えるようになりましたが、人によっては半年位症状が治らないケースもあるそうです。
考えてみれば、手術後に何らかの変化が起こるのはある意味で当然だと言うことができますので、視力が安定するまでは無理をしないのが一番だと思います。
私はきちんと見えるようになるまで、夜間の外出を控えるようにしました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー