納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックに向かない人の目

レーシックの手術は、近視の人たちにとって、とても画期的で夢のような手術です。
私自身も小学校の高学年頃から視力が低下して、中学校進学と同時にメガネをするようになりました。
それからずっとメガネとコンタクトを使用する生活です。
ソフトレンズなので、長時間使用してると目が充血したり乾燥したりします。
レーシックを始めて知ったのは、雑誌の広告でした。
その時は余り興味ありませんでした。
眼球にレーザーを当てて角膜を薄く切り取って、レンズの屈折度を調節し近視を矯正するという手術をするということがとても怖いですし、費用もかかりますので、躊躇いがありました。
ですが、テレビなどでタレントさんやスポーツ選手の方々がレーシック手術を受けて視力が回復したという話を何度も聞いているうちに、不便なメガネ生活から解放されるかもしれない、と思うと一度専門の医療機関へ行ってお話を聞いてみたくなりました。
インターネットで医療機関を検索し、お話が聞ける曜日に予約を入れました。
始めての経験だったので、夫にも一緒に行って貰いました。
当日は私が実際にレーシックの手術が受けられるかどうかの検査がありました。
手術には向かない人もいるということを知りました。
1時間くらい視力や角膜の状態を調べる検査を行って、その後その調べたデーターを元にして、スタッフの方からのお話がありました。
一年間に手術を受ける人たちの人数や術後の経過や視力の回復具合などの説明もありました。
手術を受けても、視力が思ったように回復をしない人もいるそうで、その場合には再手術を受けられるというお話もありました。
手術後の保障内容によって、金額の違いがあるという説明も受けました。
一通りの説明が終わった後に、先生からのお話がありました。
その時初めて私の目がレーシックの手術に向かないということが判りました。
先生の説明によると、私の角膜はもともと下側の方に極度に歪んでいるという説明がありました。
普段生活をする分には、その角膜の歪みは問題がないそうなのですが、手術を受ける場合には、向かないということでした。
角膜を薄く切り取るので、歪んでいる部分とそうでない部分が均等にならないということでした。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー