納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術、とっても後悔しました…

私は、10年前の春に東京のある病院でレーシック手術を受けました。
私は遺伝の影響で生まれたときから極度の近視で、幼稚園に入る前から眼鏡っこでした。
現在はかわいいデザインやおしゃれなものなど、たくさんのデザインがありますが、その頃はまだあまり普及していなかったため、中学生の頃は私だけお父さんがかけているような分厚い眼鏡をしているのにとても引け目を感じていました。
そんな私は部活の先輩のお兄さんからレーシック手術というものの存在を知りました。
現在のように危険性や術後の影響などまだ世間にもあまり知られていなかった時代だったので、軽い気持ちで私はカウンセリングをし、そして手術をしました。
お金はバイトを何個も掛け持ちして頑張って20万円ためました。
当時では安いほうです。
手術は日帰りで手術時間は10分だったと思います。
今考えればこんな短時間、低価格なのに疑わなかったところから後悔しています。
術後一ヶ月は私はとても調子が良く、嫌いだった分厚い眼鏡もはずせてとても満足していました。
眼科に行って検査すると視力が1.5まで回復していました。
小さい頃から学校の定期健診ではメガネをかけても1.0、裸眼だと0.01にも届かないような目だったので、この結果は私にとって涙が出るほどうれしかったです。
しかし一ヶ月を過ぎると、徐々に目が疲れやすくなり、太陽の光がとてもまぶしくなりました。
眼科に処方してもらった目薬でもあまり効かず、初めて手術を受けたこと後悔しました。
その後大学病院に行き、今も目薬とサングラスを使い分けて生活しています。
そして一番後悔したことは、私は大手建築会社の事務の仕事をしていたのですが術後はパソコンの画面がまぶしくなってしまい、結局会社は退職せざるをえなくなりました。
現在は何とか画面は見れるまで回復しました。
あと、術後3年目ぐらいから飛蚊症にも悩まされています。
蚊のようなものが視界にたくさん見えるので集中力も落ちました。
外に出るのも嫌になって8kg太りました。
レーシック手術はメリットは大きいけれど、失敗してしまったら二度と戻りません。
私のような人が出ないようにきちんと考えてから手術をするようにしてください。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー