納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術後に乱視になってしまう可能性について

レーシック手術後に、強い乱視が起こってしまう場合があるそうです。
私は今年、あるクリニックでレーシック手術を受けたのですが、手術後に起こりうる様々な副作用や後遺症が心配だったので、事前にお医者さんにたくさん質問をしました。
なんといっても、大事な目の手術ですし、視力があまり良くないとは言え、とりあえずは見えている目を手術するわけですから、現時点以上に見え方が悪くなるような心配があるのであれば、手術を受けない方が良いのではないかと考えていたためです。
今から考えるとかなり突っ込んだ質問をしつこくしましたので、お医者さんもさぞかし迷惑だったろうと思うのですが、面倒くさがらずにきちんと回答してくれたので、安心して手術を受けることができました。
その際に、本当にいろいろなことを尋ねたのですが、乱視が起こってしまう可能性についても確認しました。
以前、インターネット上の口コミで、手術を受けたせいで、ひどい乱視になってしまったと書き込んでいた人を見かけたことがあったからです。
お医者さんの説明では、確かにレーシック手術が日本国内で行われ始めたばかりの頃には、手術が原因で乱視になってしまった人がいたそうです。
なんでも、手術中に目が微妙に動いてしまうことによってレーザーを照射する中心点がずれてしまい、正しく角膜を削ることができず、結果として乱視や目のかすみなどが発生していたとの説明でした。
それを聞いて、手術中に視線をそらさずにいる自信がなかった私としては、「私には無理な手術なんじゃないだろうか」と思ったのですが、お医者さんの話によると、最近のクリニックで使用されているエキシマレーザーには自動追尾システムが導入されているので、手術中に多少目が動いてしまっても、それによってレーザーがずれてしまう心配をする必要はほとんどないとのことでした。
つまり、レーシック手術が日本で行われるようになったばかりの初期の頃には、レーザーの照射ミスのよる副作用が起こってしまったケースもあったけれど、現在ではまず起こりようがないので、全く心配をする必要はないとのことでした。
そのような説明をしてもらって、納得した上で手術を受けたのですが、おかげさまで何のトラブルも生じませんでした。
今ではとても快適に過ごすことができています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー