納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術後にカラコンをつけられるのか

たった1度の手術で視力が回復できるとあって、最近話題を集めているのがレーシック手術です。
しかし、このレーシック手術にはいろいろな問題や噂があり、実際にはどんな効果があって、手術後でも手術前と同じように生活できるのかどうか不安に思う人も多くいます。
そこで、レーシック手術体験者の私から、上記のような不安や疑問を少しでも取り除くことができるように、体験談を紹介していきます。
まず、私が手術を受けたきっかけは、元々視力がとても悪く、カラコンをつけたくても度が合う商品がなかったからです。
そこで、視力が良くなれば、裸眼で生活できますし、好きなカラコンを自由につけることができると思い、手術を受けました。
手術にかかったお金は22万円で、保険が効かないので実費払いでした。
でも、これまでのコンタクトレンズや眼鏡代に比べたら安いと思います。
そして、手術を受ける条件はほとんどないようで、高齢者や子供でなければ受けれるようです。
私は27歳であり、目に何か持病やアレルギーなどもなかったので、すぐに手術を受けることができました。
手術時間はたったの30分で、入院の必要がありません。
しかも、手術後すぐに視力が良くなり、そのまま家に帰って日常生活に戻ることができます。
したがって、仕事をしていても土曜日に手術を受けたので、仕事にも影響が出ずに済みました。
そして、翌日からは裸眼で過ごしていても、特に問題は起きませんでした。
もちろん、コンタクトレンズはつけず、念のため眼鏡は持っていましたが、度が合わないので使うことはありませんでした。
そうして、1カ月後眼科へ行き、カラコンの購入をしました。
その際、視力を測ってもらったのですが、両目が1.0であったので、もちろん度無しの商品を購入しました。
ただし、眼科の先生に言われたのは、手術前と手術後だと目の角膜の形が変化しているので、以前つけていたカラコンは使用しない方が良いと言われました。
また、眼科で販売している商品は安全なので使用しても良いですが、市販の商品の中には目に悪影響を及ぼす可能性があるものもあるので、購入しない方が良いとの忠告を受けました。
その後、眼科で購入したカラコンをつけていますが、トラブルなどは無く、普通につけていても問題ありません。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー