納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックと眼科の現状

70歳を前に母がレーシックを受けたいと言いました。
相談を受けた私は、母が望むのであれば良いと考えましたが、何分レーシックの歴史はまだまだ浅く、さらに新聞や雑誌などのメディアで様々な不具合があったなどの記事も掲載されていることから、その点だけが心配で、折角、治療目的でやったにせよ、後悔するようなことになってしまえば困ると考え、母にはとにかく情報を集めて十分に理解してから手術に望むようにと言いました。
と言いながら、私もインターネットや実際に体験している人に良し悪しを聞いたり、この治療を行なう病院の情報を色々と集めました。
この治療が出始めの時、まだ前例が少ないことから、術後の不具合が多く、消費者庁に多くの被害が報告されているみたいで、正直、調べれば調べるほど危険性のみの情報が入ってしまい、母本人も土壇場になって躊躇するようになってしまいました。
とりあえず、レーシックとは何かというしっかりとした知識も乏しかったので、そこから調べてみることにしました。
この治療方法は目の表面部分の角膜に特殊なレーザーを照射し、その一部を削ることにより視力矯正を行なうというものです。
友人の医師に眼科医を紹介してもらい、酒の席を設けてもらい、そこではざっくばらんな話し振りで、国内での治療などの現状を聞きました。
今から12年から13年前にエキシマレーザーというレーザー光線を発する医療装置が医療承認され、そこから日本各地で広がりを見せることとなったことを聞き、さらに保険摘要不可であることと、様々なリスクの話を聞くことになりました。
ただ、悪いことばかりではなく、近年では事故などの前例を踏まえて、安全性に対しても十分な配慮がされ、しっかりとした検査が行なわれたのち、最新の注意を払って手術に挑むというのが、通常であるというお話も聞きました。
さらに、また違う側面からの話を聞けたことは、眼科の現状です。
その医師は自らが眼科医でありながら、眼科医は一般的に軽く目医者と言われることがあり、視力という人間に重要な部分を治療する反面、生命の危険性が低いというのも実際で、次々出てくる新型医療に対し実際の治療回数で実力を上げ、さらに実益も上げている医師も多いとのことを言われました。
その後で、病院選びや医師選びの重要性を話され、治療実績の多い医療技術の高い医師を紹介してもらいました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー