納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術と健康保険の関係について

レーシック手術は、目の疾患を治療する手術ではないので、健康保険の適用対象外となっています。
健康保険の適用を受けることができれば、治療費の3割を負担するだけで済みますが、自由診療扱いとなっているために、治療費は全額自己負担しなくてはなりません。
必然的に自己負担額がかなり高額になってしまうので、手術を受けることを躊躇してしまう人が少なくありません。
でも、様々な制度をうまく利用することができると、結果的に自己負担額をかなり抑えることが可能になります。
そもそも、ここ数年はレーシック手術を受けようと考える人の数が昔に比べるとかなり増加していますので、それに対応して手術を実施しているクリニック数も増加しています。
クリニック数が増加すれば価格競争が激しくなりますので、手術料金の設定をかなり低価格にしているクリニックも登場してきています。
もちろん手術料金がかなり高額になっているクリニックもたくさんありますが、安い料金で良い手術を行っているクリニックを見つけ出すことができれば、とても有利に手術を受けられるようになります。
私が手術を受けたクリニックの手術料金は両眼で13万円程度でした。
一昔前では考えられないほどの低料金だと言うことができます。
それでも一度に13万円払うのはキツいと考える人が多いかもしれませんが、一生分のメガネ代やコンタクトレンズ代を考えれば、かなり安いと思います。
また、健康保険の適用を受けることはできませんが、確定申告をすれば医療費控除を受けられる場合があるので、税金の還付を受けることが可能になるかもしれません。
さらに、生命保険や医療保険に加入している人であれば、手術給付金を受けられる可能性もあります。
最近では、レーシック手術を手術給付金の対象から外す保険会社も出てきたようですが、数年前までに契約を結んだ保険であれば、かなりの高確率で手術給付金を受け取ることができるはずです。
私も手術前に保険会社に確認したところ、手術給付金の支払い対象に含まれていることがわかったので、給付金を受け取ることができました。
レーシック手術の場合には健康保険の適用を受けることはできませんが、いろいろと有利に活用することができる制度がありますので、自己負担する費用を抑えることは可能です。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー