納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

アレルギー性結膜炎の人でもレーシック手術を受けることができます

私は時々アレルギー性結膜炎の症状が出ます。
ホコリやダニなどが原因となって、季節に関係なくアレルギー性結膜炎の症状が出てしまうこともありますが、深刻な症状が現れるのは、やはり花粉症の時期です。
花粉症の時期になると、眼球の表面が卵の白身みたいになって、目の外側に垂れ下がってしまうような感じになり、痒くて痒くてたまらなくなってしまいます。
症状が現れるたびに眼科で治療を受けるようにはしていますが、体質的なものですから、根治されることはなく、毎年花粉症シーズンになるたびに発症を繰り返しています。
昨年、視力回復のためにレーシック手術を受けようと決めた際、気になったのが、アレルギー性結膜炎のことでした。
もしかしたら、手術を受けることができないのではないか、また、もし手術を受けることができたとしても何らかの悪影響があるのではなかろうかと心配になってしまったのです。
そこで、手術を受ける予定のクリニックで相談してみると、手術の時にアレルギー性結膜炎の症状を起こしてさえいなければ、何の問題もないと言われました。
もしも症状を起こしていたとしても、手術自体には何の悪影響もないのだそうです。
ただし、手術後はフラップが完全に固定するまで、目に触ることを控える必要があります。
花粉症などで目が痒くなってしまうと、ついつい無意識のうちに目をこすってしまうので、フラップがずれたりシワが寄ってしまう可能性が高いです。
ですから、症状が出ている時に手術を受けるべきではなく、まず症状を抑える治療を済ませてからにするべきだと言われました。
また、安全性を考えれば、花粉症のシーズンにはレーシック手術を受けるべきではないとのことでした。
確かに花粉症の時期は、いくら眼科で治療を受けていても、時々ものすごく目が痒くなってしまうことがありますし、日中に気をつけることはできても、寝ている間に無意識で目をこすってしまう可能性もあると思います。
ですので、お医者さんのアドバイス通りに、花粉症シーズンは避けて、なるべく目の調子が良い時期を選んで手術を受けるようにしました。
手術を受けてからコンタクトレンズを使わなくなったため、以前よりもアレルギー性結膜炎になる回数が減りました。
なんとなく得をした気分です。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー