納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックの欠点も理解して手術に挑みました

レーシック手術はとてもポピュラーなものになり、私の周囲でもレーシックをしたという話をよく聞くようになりました。
ほとんどの人が視力が回復したという話でしたが、たまに見えすぎてしばらく遠視用メガネのお世話になるという欠点もあるようです。
しかし、たいていは時間の経過とともに、視力が回復して、裸眼生活を快適に行っているという話でした。
そんなに裸眼生活がやっぱりいいのかと、うらやましく思い、とうとう私もレーシック術を受ける決意をしました。
手術をするにあたって、やはり、人の体験談が参考になりました。
知り合いも多く受けていた病院で私も受けることにしました。
実際に、手術前の説明会でも、とても分かりやすく丁寧で、みんながその病院を選んだ理由がわかりました。
レーシックは誰でも受けられる手術ではなくて、角膜が薄かったりすると受けられないこともあるようです。
術前検査で、私の目は手術できる状態だったので、そのまま手術の予約をしました。
手術当日はとても緊張していました。
手術前から点眼などで、手術に備えていきます。
当日の手術はあっという間でした。
手術中に目に何かされるのが見えるようなこともありません。
その後別室で、目を休ませたりします。
手術後の経過は、視力が回復するのが実感できました。
幸い、術後のトラブルもなく、数日で普通の生活ができるようになりました。
知り合いは、視力が安定するまで時間がかかった人もいたので、比較しても経過は良好といえます。
こんなによく見えるなんて、うれしくて、みんなに勧めたい気持ちになりました。
でも、選んだ病院が自分に合っていたのだと思います。
私は慎重派で、医師が丁寧に説明をくれなかったり、相性も重視するタイプですので、いい病院に当たったのだと思います。
目は大事な器官なので、見えなくなったり不具合があると困ります。
しかもレーシックは保険がきくものではないので、費用もかかるので、信頼できる病院で受けることを、経験者としてもお勧めします。
誰しも、信頼と実績を重視するかと思いますが、低価格になっているからこそ、病院選びが大事だなと思います。
そして、ぜひ、裸眼で生活できる喜びを体感してほしいと思います。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー