納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックは手術の経年変化あるのか

私は、視力が裸眼で0.01と低く、コンタクトレンズや、メガネが必須の人間でした。
しかし、5年前にあるクリニックでレーシックの手術を受けましたその時の体験談を書いていきたいと思います。
まずは、クリニック探しでしたが、幸い友人にレーシック手術を受けた人がいたので私もそこのクリニックで受けることにしました。
費用のほうは、平均的な金額でしたの何の問題もなかったのですが、それよりも、手術に対する不安のほうが問題でした。
テレビや、新聞、雑誌等でネガティブな情報が多かったのでそこの所だけが気がかりでしたが、ドクターとの入念な説明でそれも払しょくできました。
実際に手術中は、目をうごかあないようにするのが大変だったと記憶しています。
さて、手術を受けたからと言って経年による変化があるのかという点ですが、実際はあります。
それはどういうことかと言いますと、まずは、レーシックを受けた場合は、普通に目が良い人と同じように老眼がある程度の年齢になると始まる様です。
老眼は年齢的に徐々に強くなりレーシックでは回復できないので手術をしたとしても、老眼鏡は必要になる様です。
また、私も注意を受けたのですが、半永久的なものではないので、目を酷使することをし続けるとまた視力が低下してしまうので気を付けてくださいと言う事でした。
ですので、あまり若い年齢で手術を受けると、目を酷使することが多いせいか、また視力が低下してしまうといったことがあるので、手術を受ける年齢も考慮したほうがいいと言う事でした。
私自身、最初にレーシックを知ったのは学生の頃でしたが、当時はまだ費用も高く、また年齢の面でまだ受ける時期ではないと判断しました。
そして、ある程度年齢も重ねた、30歳の時に受けたのです。
それ以来、コンタクトレンズや、メガネを使う事はなくなりましたが、仕事でパソコンに向かう時間が多いため、もしかしたら、経年によって視力がていかしてきたしまうかもしれないのでかなり気を使っています。
また、老眼になってしまうのは仕方がないことなのですが、それよりも、老眼になってしまうまでコンタクトレンズや、メガネを使用しなくてよいと言う事が何よりもうれしいです。
手術を受けようかと悩んでいる方には、経年により老眼になってしまうと言う事もありますが、それでも視力が回復するという喜びをぜひ味わってもらいたいです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー