納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

強度近視でもレーシック手術は可能

知人が近視を矯正するためのレーシック手術を受け、現在裸眼での生活を送っています。
知人がレーシック手術を受けたことを聞き、視力が回復するこの手術に興味を持っていた私は、早速知人に手術について話を聞くことにしました。
私の場合、強度近視であることがネックになっていて、手術が受けられないのではないのか・手術後にどれだけ見えるようになるのかなど、実際にレーシック手術を受けた方から話を聞いてみたいと思っていたので、知人が手術を受けたことはとてもラッキーなことでした。
知人が実際に手術を受けたクリニックでは、毎月数多くの方が相談・検査・手術を受けるほど人気が高いクリニックで、知人も安心して手術にいどむことができたと話していました。
このクリニックでは、術後、裸眼での視力が1・0以上に回復すると評判で、手術を受けた方の95%以上の方々が視力1・0以上を得ていて、知人も裸眼での視力が1・5に回復し、くっきり見えることを嬉しそうに話してくれました。
私のような強度近視である方や角膜の厚さによってはフェイキックIOLと呼ばれる手術など、1人1人の目の状態に合った術式などを検討してくれるのも魅力になっています。
さらに私自身もそうなのですが、知人の場合も左右の度数に差があることも手術を受けてみたい私が知りたいことの1つで、コンタクトレンズやメガネの装用によって解消していましたが、レーシック手術も非常に有効的な手段になっていて、差があっても問題なく手術が受けられると話してくれましたし、片目だけ視力が悪い場合には片目だけ受けられることも初めて知りました。
さらに気になったのが、術後すぐに見えるようになっているのかという点で、ぼんやりとした感じは残るものの、すぐに遠くの物が見えるようになり、翌日には裸眼での日常生活が送れるまでに視力が回復したとの話を聞き、手術への興味がさらに深くなりました。
このクリニックが遠方にあるのが気になっていたのですが、宿泊施設の案内をしてくれますし、術後のフォローとしてクリニックに通うことができない場合にはネットワークを駆使し、近くの眼科クリニックを紹介してくれる魅力もあり、全面的なバックアップが魅力に繋がっています。
知人の話を聞き、強度乱視も回復できることが分かり、クリニックに足を運ぼうと思っています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー