納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術と医師の技術力の関係について

レーシック手術は、2000年1月に当時の厚生省により最先端の医療技術として認可された非常に安全性の高い視力矯正手術です。
ただし、安全性の高さが保証されるのは、手術経験や専門的知識が豊富でなおかつ技術力の高い医師が手術を行った場合のことであって、未熟で技量不足の医師が手術を行ったような場合にまで、安全性の高さが保証されるというわけではありません。
ですが、改めて考えてみれば、そのような事情はレーシック手術のみにあてはまるわけではなく、全ての外科的手術に共通して言えることですので、ごく当たり前のことなのかもしれません。
レーシック手術は、入院の必要がなく、手術が終わればすぐに帰宅することができますし、手術による痛みもほとんど感じないで済むために、非常に数多くの人に利用されています。
レーシック手術を受ければ、それ以降メガネやコンタクトレンズを使用する必要がなくなりますので、手間や費用を大幅に軽減することが可能になります。
また、世界的に治療技術が確率されており、他の疾患治療のための外科的手術に比べると 、手術の成功率はグッと高いと言うことができます。
ただし、日本国内で手術が行われるようになったのは2000年以降ですので、手術後の長期間における安全性の高さを言及できるほどの臨床データは蓄積されていません。
つまり、まだまだ未知の部分が多い手術であると言うことができます。
また、誤って角膜を削り過ぎてしまうと過矯正になり、その後の修正が不可能になってしまうというデメリットもあります。
さらに、手術後には一過性ではありますが、非常に数多くの後遺症や合併症が発生するリスクのある手術ですので、信頼できるお医者さんを選ぶことが最良の方法だと言うことができます。
私は去年レーシック手術を受けましたが、視力が良くなるというメリットが存在する一方で、非常に数多くのデメリットが存在することを知っていましたので、とにかく技術力の高い医師がいると評判になっている病院を探すようにしました。
誰だって、お金を払って手術を受けるのですから、安全性が高く、かつ、確かな治療効果を実感することができる手術を受けたいと考えるのが当然だと思います。
そのために私は、技術力の高さに定評のあるお医者さんがいる病院を選んで手術を受けるようにしました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー