納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術と眼瞼下垂手術

私は両親からの遺伝で子供の頃から目が悪く、メガネはお洒落の邪魔になるという考えだったので視力矯正にはずっとコンタクトレンズを使用していました。
小学生から毎日使い続けていた事が原因で、中学生頃からまぶたが少しずつ下がり始めて高校生になると目のたるみで元々あった二重が消えてしまいました。
ちょうどその辺りからお化粧に目覚めたのもあって、世間のデカ目メイクの流行に影響されて私もデカ目にする為にアイプチと付けまつ毛をするようになりました。
毎日派手なメイクは手間や時間もかかりストレスの日々でしたが、アイプチや付けまつ毛をすると瞼のたるみが消えるので見栄えが良かったのです。
高校を卒業すると大学に進学をしましたが、医療関係の大学だったので派手な化粧をする事は出来ない為に、整形をして目のたるみを取ろうと考えました。
実際に手術を行う形成外科を選ぶ為に何件もカウンセリングを行き私の希望は二重にする事だと伝えましたが、私は一般的な一重瞼ではなく目のたるみによる物だったので、実際に私が受ける事になった手術は眼瞼下垂手術でした。
眼瞼下垂手術は、目のたるみを取る際に出来る傷によって二重のラインを作る手術なので、目がハッキリとした印象になる手術という事は私にとっては都合の良い手術でした。
一般的な整形手術は保険診療が行われませんが、私の場合は「長年のコンタクトレンズ使用による目のたるみ」と「コンタクトレンズ使用による酷い肩こり」だったので運良く保険が適用される事になりました。
手術自体は短時間で済み痛みや後遺症もありませんが、数週間は目が腫れている状態で自然になるまでには時間がかかりました。
手術後の定期的な検診の際に「コンタクトレンズを使用していると眼瞼下垂が再発する」、と主治医から忠告をされその後レーシックの手術を受ける事にしました。
レーシックとは、目の角膜をレーザ?で加工をする事によって視力を回復させる手術方法です。
瞼の手術をしてから間もない事と目の角膜に手を加える事には恐怖がありましたが、幸いにも弟がレーシックの経験をしていたので私も受ける事にしました。
レーシックを受けた後は肩こりも無くなり、視力が良くなったのでコンタクトレンズはもちろん使用せずに生活が出来ています。
個人的にはコンタクトレンズの使用は嫌いではなかったのですが、コンタクトレンズの手入れの煩わしさから解放されたので満足しています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー