納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術と老眼の関係について

私は昨年レーシック手術を受けました。
その際に、わざと軽い近視が残るような度数の手術を行ってもらい、老眼が強く出てしまうことを抑えてもらう工夫をしました。
私は現在48歳なのですが、40歳を過ぎた頃から次第に近くの物が見えにくい症状を自覚するようになりました。
それまで何の問題もなく見えていた近くの物が、とても見えにくくなってしまったのです。
市販の風邪薬を飲もうとしても、箱に書いてある効能書きなどがぼやけてしまって読むことができず、イライラすることが多くなりました。
また、新聞や本を読んでいても、すぐに目が疲れてしまうので、だんだん読むことが苦痛になってきたのです。
それだけならばまだしも、それと同時に遠くにある物の見えっぷりも悪くなってしまったので、日常生活において何かと不便を感じてしまうことが増えました。
そこで、とてもレーシック手術の上手なお医者さんがいると評判になっているクリニックへ相談をしに行ってみました。
そうしましたら、老眼をレーシック手術で治すことはできないと言われてしまいました。
それだけではなく、手術を受けると今までよりも老眼が進んでしまう人が多いと言われ、困ってしまいました。
しかし、お医者さんの話では、老眼を治すことはできないけれど、遠くの物を見やすくすることは確実にできるので手術を受ける意味はあるし、少し近視を残すようにして手術を行えば、老眼が強くなってしまうことを避けることができるということでした。
遠くの物だけでもよく見えるようになれば、近くの物を見る時だけメガネか虫眼鏡を使うようにするだけで済み、遠近両用タイプのメガネを買う必要がありません。
遠近両用タイプのメガネでは、どうしても見え方が不自然になってしまいますし、見た目が老けた印象になってしまうので、あまり使いたくはありません。
かと言って、そのままの状態にしておくと、日常生活で不便を感じてしまうことが多過ぎるので、レーシック手術によって、遠くの物だけでもクリアに見えるようにしてもらった方がよいと思いました。
昨年、レーシック手術を受けたおかげで、今では遠くの看板に書かれている文字や、街角にある時計の文字盤などがはっきりと見えるようになり、とても満足しています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー