納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術は生命保険の手術給付金や医療費控除の対象です

私は昨年レーシック手術を受けました。
その際に、手術を受けた病院から、レーシック手術が生命保険の手術給付金の対象になる可能性が高いことや、税金の医療費控除の対象となることなどを教えてもらうことができたので、手術費の自己負担額をかなり低く抑えることができました。
病院で教えてもらうまで、そのような制度を利用できることを全く知りませんでしたので、教えてもらうことができて本当に良かったです。
レーシック手術は健康保険の適用対象外となっていますので、手術料金はかなり高いです。
それでも将来的にかかるメガネ代やコンタクトレンズ代などの総費用に比べればかなりコストを抑えることができると考えて、手術を受ける決心をしました。
手術を決心した段階では、手術給付金や医療費控除のことなど全く知らなかったので、全額自己負担するつもりでいました。
でも、病院で教えてもらってから保険会社へ電話を入れて、「エキシマレーザー角膜屈折矯正手術は手術給付金の支払い対象になるのですか」と尋ねたところ、給付金の対象となっていることがわかりました。
もちろん、手術を受ける全ての人が手術給付金を受けられるわけではありませんので、契約内容を確認してみることが必要です。
お医者さんに診断書を作成してもらう必要があるのでその費用はかかってしまいますが、それでも給付金を受けることができれば結果的にかなり得になります。
また、確定申告をすることで税金の還付を受けることもできましたので、本当に得をしてしまいました。
病院で教えてもらうことができなければ全額自己負担していたわけですから、教えてもらうことができて本当にラッキーでした。
生命保険の手術給付金を受けられることや、確定申告をすることによって税金の還付を受けられることを知らない人は案外多いのではないかと思います。
なぜかと言うと、レーシック手術は一般的な病気やケガの治療のための手術とは少し違った性格の手術であるためです。
一般人の感覚としては、美容整形や審美歯科の治療と似たような性格のものとして考えられてしまうため、頭から手術給付金などの支払い対象になるはずがないと思い込んでしまいがちです。
ですので、これからレーシック手術を受けようとしている人は、自分が契約している生命保険の契約内容を確認してみるとよいでしょう。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー