納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術の副作用である目の疲れについて

レーシック手術の際に必要以上に視力を矯正してしまうことを過矯正と言います。
どうせ高いお金を払って手術を受けるのだから、できるだけ視力を良くしてもらった方が得だと考える人がいるかもしれませんが、視力を過剰に矯正した結果、思わぬ副作用に見舞われてしまう可能性がありますので注意する必要があります。
手術によって今までよりも目が良く見えるようになったということは、目に今までよりも多くの負担がかかっているということになるのです。
今までは画像として認識していなかった視覚情報までを正確に認識してしまうわけですから、目も脳も今まで以上に働くことを要求されることになります。
そのために、目が疲れやすくなってしまったり、人によっては頭痛や吐き気などの副作用が起こってくると言われています。
でも、これらの副作用は、あらかじめレーシック手術の性質をきちんと理解していれば、避けることができるはずです。
事前の検査の際に、どこまで視力を矯正することができるのかではなくて、どれくらいの視力に矯正することが自分にとっては最適であるのかを考えるようにすれば、目の疲れや頭痛などの症状は最低限に抑えることが可能なはずです。
もしも何らかの副作用が起こってしまったというのであれば、それは手術を受けた人はもちろんのこと、医師の方にも認識不足な面があったということなのではないかと思います。
私自身、2年前にレーシック手術を受けたのですが、手術後にそのような症状を起こしてしまうケースが少なくないと聞いていましたので、とにかく症例数が多くて評判の良いクリニックを探しました。
実績を数多く積んでいるクリニックであれば、そのようなデメリットに対する認識も正確だろうと考えたからです。
また、私は普段一日中パソコンを使用していたのですが、事前の適応検査を受けるまでの期間、パソコンにの使用を極力控えるようにしました。
パソコンを長時間使用していると、目に過度の負担がかかってしまって、角膜の厚さを正しく測定することができないと聞いたからです。
正確なデータを元に手術で削る角膜の量を決めるようにしないと、結果として過矯正になってしまうことが多いそうです。
そのような注意をした上でレーシック手術を受けたおかげで、副作用に悩まされることはありませんでした。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー