納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術の不適合ケースについて

レーシック手術を受ければ、それ以降はメガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されることができるので、手術を希望する人が結構たくさんいるようです。
国内でレーシック手術が始まったばかりの頃は、トラブルになってしまうケースも少なくなかったようですが、最近ではどこの医療機関でも一定水準の手術が行われるようになってきたために、とても安心して手術を受けられるようになってきています。
術式も日々進歩していますので、昔であれば手術を受けることができなかったような人であっても、最近では手術を受けられるようになってきており、事前検査で不適合とされてしまう人の数はかなり少なくなってきています。
ただし、現在でも、検査の結果不適合と診断されてレーシック手術を受けることができない人は全体の約20%ほどいるそうです。
手術を受けるからには、それによって一定の利益を得る保証がなければいけません。
手術によって症状が改善することを期待することができないのに無理に手術を行ったとしても、意味がありません。
ですので、事前検査の結果、不適合との診断を受けてしまった場合には、諦める他ないのです。
でも、今後も術式は進歩していきますから、現在は無理な手術が、数年後にはできるようになる可能性もありますので、ガッカリすることはありません。
私の場合は、手術前の検査で何も問題が見つからなかったので、レーシック手術を受けることができました。
おかげで、現在ではメガネやコンタクトレンズを使わなくても不自由しなくなっています。
検査結果を聞いた際に、どのようなケースだと不適合との判断をされてしまうのかを先生に尋ねたところ、生まれつき角膜が薄い人の場合は無理なケースが多いと言っていました。
手術の際に、角膜の一部を削いでフラップを作る必要があるので、角膜に十分な厚さがないと無理なのだそうです。
また、近視や遠視の度合いが強すぎる場合も、物理的に無理なのだと言っていました。
その他に、眼病を患っている人や妊婦さんも手術を受けることができないそうです。
幸い、私の場合はどのケースにも該当しなかったので、レーシック手術を受けることができました。
手術を受けてから1年以上経ち、現在ではとても快適に過ごすことができるようになっています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー