納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術の病院を比較する時のポイント

コンタクトレンズやメガネ愛好家の中には、今年こそレーシック手術に踏み切ろうと考えている人も多いのではないでしょうか。
実は、私自身長期に渡りコンタクトレンズを愛用していたので、老眼が始まるまでこのままコンタクトレンズ生活を送ろうと考えいました。
しかし、友人がレーシック手術を受け快適な毎日を過ごしているのを目の当たりにし、私もレーシックを受けることにしたのです。
まず、病院選びからスタートしました。
多くの方は、病院を比較する時にまず価格に真っ先に目がいってしまうのではないでしょうか。
しかし、価格よりも大事なのは安全性です。
私は病院を比較する際に一番気を付けたのが、1年間に行われる手術の件数でした。
これは、医療関係に携わる友人に聞いたのですが、病院の実績と言うのは、手術の件数が指標になると言うことで、件数が多いと言うことはそれだけ、その手術に慣れていると言うことになり安心できる一つの材料になると言うことでした。
そこで、色々なサイトを見たり、また実際に病院にコンタクトを取って、1年間の件数を聞いて病院を選びました。
もちろん、近い病院が一番ですが、実はレーシック手術の後は、それほど頻繁に通院する必要はありません。
そのため、少し遠くても安心できる医療機関で手術を受けた方が結果的に良いのです。
また一口にレーシック手術と言っても、色々と種類があるので、術式も含めきちんと調査しておく必要があります。
価格については、術式によっても大きく差があります。
術式については、自身の症状によっても変わってくるのですが、ドライアイの傾向がある方や、精度が求められる仕事に関わっている方は、費用は多少かさばりますが、それらを軽減できる手術式を選択した方が無難です。
通常の生活であれば、これまで通りの手術で問題がありません。
私は設計関連の仕事に携わっているので、角膜の歪みがきちんと矯正できる術式を選択しました。
通常の手術の2倍の治療費がかかりましたが、細かいところまでハッキリ、クッキリ見ることが可能で、仕事を多くこなせるようになり結果的に収支はプラスになりました。
自分のライフスタイルや仕事によって、術式を選択することも大切です。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー