納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術を受けた直後の症状について

人間には個人差がありますから、レーシック手術を受けた直後の症状も千差万別だと言うことができます。
お医者さんの話によると、手術後わずか1時間程度ではっきりとした視力回復効果を感じる人もいるという話でしたが、私の場合はそうではありませんでした。
手術を受けた直後の2~3日間は視界がぼやけてしまって、手術前よりも物が見えにくい状態になってしまったので、「手術が失敗したのではないかしら」と心配になったりもしました。
でも、時間の経過と共に徐々に症状が改善され、次第に物がクリアに見えるようになっていきました。
レーシック手術を受けてからそろそろ1年が経とうとしていますが、今では何の不都合もなく、物がよく見えるようになっていますので、結果には非常に満足しています。
私の場合は、手術直後に視界がぼやけてしまっただけでなく、夜間視力の低下やドライアイの症状も起こりました。
物がぼやけて見える症状は2~3日でおさまりましたが、夜間視力の低下やドライアイの症状が完全におさまるまでは3ヶ月近くかかりました。
でも、そのような症状が手術後に起きる可能性があることに関しては、事前に説明を受けていましたので、お医者さんを信頼して、真面目に定期検診を受けていたところ、本当に症状がおさまりました。
レーシック手術は短時間で終わるとても簡単な手術ですが、人間の体を傷つけるのは確かですから、何らかの影響が出てしまうのは、考えてみれば当然のことなのかもしれません。
傷を付けてしまった組織が1日や2日ですぐ治るはずはありませんので、腰を据えてじっくりと回復を待つようにすることが正しいアフターケア方法なのかもしれません。
でも、他人事だと冷静に考えることができますが、いざ自分の身の上にそのような症状が起こったら、冷静でいられる人の方が少ないのではないかと思います。
何しろ手術をする場所が目ですから、万が一のことが起こると取り返しがつきません。
ですので、視力低下やドライアイの症状がいつまでも続くと不安になってしまうのは当たり前だと思います。
私自身、その最中はとても不安になってしまいました。
お医者さんの話では、だいたい2~3ヶ月で落ち着くケースが多いそうなので、とりあえず3ヶ月間は我慢するとよいでしょう。
でも、それ以上長い期間に渡って症状が改善されない場合は、やはり何らかのトラブルが起こっている可能性が高いので、治療が必要になってくるそうです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー