納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術で失明する可能性について

私は昨年レーシック手術を受けました。
手術後しばらくは視界がぼやけてしまってり、夜間に物が見えにくくなるなどの症状が出ましたが、時間の経過とともにそれらの症状は皆おさまってしまいましたから、今は何の不自由もなくクリアに物が見えています。
レーシック手術を受けたおかげで、メガネやコンタクトレンズをする必要がなくなったので、とても楽チンになりました。
旅行へ行く際にも、洗浄液やら何やらを一式持参する必要がなくなったので、忘れ物を気にする必要もなくなりました。
裸眼で過ごすことができるということは、こんなにも快適なことだったのかと、最近しみじみ感じています。
でも、レーシック手術を手術を受ける決断をする前には、やはりかなり悩みました。
なんといっても目を手術するわけですから、「怖い」という気持ちが非常に強かったですし、稀に失明してしまう人もいるという噂を聞いたことがあったからです。
視力を回復する手術を受けて目が見えなくなってしまうのでは意味がありません。
ですので、本当に失明してしまうような危険性のある手術なのかどうか、その点が一番気になりました。
一人であれこれ悩んでも埒があきませんし、インターネットの口コミサイトもあまりあてにならないように思えたので、手術の相談をしていたクリニックのお医者さんに聞いてみました。
「レーシック手術で失明してしまうことがありますか」と、単刀直入に尋ねてみたのです。
そうしましたら、目の断面図などを見せてくれながら、とても丁寧に手術の安全性の高さについて説明してくれました。
お医者さんが言うのには、レーシック手術ほど安全性の高い手術はないと言えるのだそうです。
そもそも手術の際に行うのは、眼球表面の角膜を数ミクロンという非常に薄い単位で削る作業だけで眼球の内部を傷つけてしまったり、ましてや視神経にダメージを与えてしまうようなことは皆無なのだと言っていました。
世界的に見ても、手術そのものが原因で失明してしまった例は、これまでに一例も報告されていないのだそうです。
稀に失明してしまった人というのは、手術後のケアが悪くて感染症にかかってしまったりするケースのみらしいです。
つまり、術後のケアもしっかりやってくれるクリニックを選んで手術するようにすれば大丈夫とのことでした。
それを聞いて安心して手術を受けることができたのですが、おかげさまで術後の経過は良好です。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー