納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術にかかる時間はどれぐらいか

今、視力矯正が短時間の手術を受けるだけでできると話題になっているのがレーシックです。
とはいえ、目の手術を受けるなんて怖い・不安だと感じる人も多いです。
そこで、実際に手術を受けた私の実体験から、少しでも多くの人の不安を取り除くことができたらいいと思います。
まず初めに、レーシックについて簡単に説明すると、目の角膜の手術をすることによって、視力を回復させる技術です。
アメリカでは一般的な視力矯正手術ですが、近年は日本でも多くのクリニックで手術が受けられるようになっています。
では、具体的にどんな手術だったかと言うと、手術時間はたったの30分程度です。
しかし、その前にカウンセリングや手術後の注意点などの説明が2時間以上ありました。
というのも、レーシック手術には保険が適用されず、最近は後遺症が残ったり、手術中に目に細菌が入って病気になったりといったトラブルが多発しているからです。
ゆえに、事前に危険性も確認した上で、手術を受けることに同意する必要があるからです。
もちろん、危険があることはニュースなどでも話題になっていますが、一部のクリニックだけで、私が手術を受けるクリニックでは、これまでに50回以上の手術実績があったので、安心して同意しました。
よって、クリニックを選ぶ時は、手術実績が多いところを選ぶと安心です。
そうして、実際に手術を受けることになりました。
手術時間は上述したように30分で、目にだけ麻酔をかけて、あとは仰向けになって手術の様子を見ているだけです。
麻酔がかかっているので痛みは全くありませんが、見ているのが少し怖い時がありました。
とはいえ、目を閉じられないようになっているので、怖いシーンを見るのが苦手な人には辛いかもしれないです。
そうして、手術が終わってからは、しばらく安静にしていました。
そして、目を開けると今までには見たことがないようなすっきりとした視界が広がっていたのです。
この瞬間、本当にレーシック手術を受けて良かったと思いました。
その後は、入院も通院もなく、事前に受けた注意点に気を付けながら日常生活を過ごしています。
ですが、特に問題もなく、裸眼で生活を送ることができているので、視力が悪い人にはお勧めです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー