納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術を受けた際に起こる合併症について

レーシック手術というのは、良い医療機関を選んで手術を受けるようにさえすれば、とても安全性の高い手術であると言われています。
逆に言えば、あまり良くない医療機関を選んで手術を受けると、思わぬ合併症が発生する危険性が高まってしまうということになりますので、手術料金の安さだけに着目して、安易に病院を選んでしまうべきではないと言うことができます。
精度の低い古い型の機種を手術の際に用いている病院や、経験不足の未熟な医師が執刀を担当する病院でレーシック手術を受けると、角膜の拡張や不正乱視になってしまう可能性があるそうなので、注意をすることが必要です。
私は、事前にそのような例があることを聞いていたので、とにかく評判の良いクリニックを探して手術を受けるようにしました。
料金もごく平均的な金額だったと思いますし、手術後の経過も良好なので、そのクリニックを選んで本当に良かったと思っています。
なぜ、医師の技術が未熟だと不測の合併症が起こりやすくなってしまうのかと言うと、原因は様々です。
たとえば角膜拡張の場合は、手術前の検査が不十分で、角膜の厚さを正しく矯正することができなかったりすると、時間の経過と共に角膜の変形が起こってしまいます。
角膜が変形してしまうと、せっかくレーシック手術を行ったのにも関わらず、視力は全く回復しません。
それだけでも問題ですが、さらに近視や乱視がひどくなってしまう場合があるそうなので大問題です。
また、レーザーできちんとフラップが作られないと、不正乱視になってしまうことがあるのだそうです。
高い手術料金を支払って、そのようなことになってしまっては、とても残念です。
また、従来よりもさらに目が見えにくくなってしまうわけですから、取り返しがつきません。
一方、もともと強度の近視があって、レーシック手術には不適合とも言えるような人が無理に手術を受けたりすると、場合によっては網膜剥離を起こしてしまい、悪くすると失明してしまうこともあるそうですので、手術をするにあたっては慎重を期する必要があると思います。
そのような事態に陥りたくはありませんので、レーシック手術の実績が豊富で、誰に聞いても評判の良いクリニックを選び、納得いくまで説明を受けてから手術を受けました。
おかげで今はとても快適に過ごすことができています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー