納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術後に起きる近くが見えないという症状について

私は今年レーシック手術を受けました。
そろそろ50歳に手が届くという年齢であったことから、手術を受ける前に「手術を受けると近くが見えない状態が強まる可能性が高いですが、よろしいですか」と医師から確認されていました。
そもそもレーシック手術というのは、基本的に遠くの物がよく見えるようにするための手術ですので、中高年以上の人が手術を受けると、遠くがよく見えるようになる代わりに老眼が一気に進行してしまう可能性が高いです。
実際には既に老眼が始まっていても、近視の症状が強いと老眼を自覚できないケースが多く、手術を受けて近視の症状が改善されることによって、老眼の症状を必要以上に強く自覚してしまう人が多いために、結構トラブルになりやすいという話を聞いたことがあります。
私の場合は、幼い頃から視力が良すぎて、遠視気味の傾向がありました。
遠く離れた所にある看板の文字なども、やたらとクッキリ見えていたのです。
だからといって近くが見えないというわけでもなく、遠近とも非常によく見えていました。
しかし、寄る年波に勝つことはできず、ここ数年めっきり視力が落ちてきました。
老眼の影響だと思うのですが、とにかく手元の本の文字などが見えにくくなり、長時間の読書が苦痛になってしまいました。
それと同時に、今までよく見えていた遠くの物もぼやけてはっきりと見えないようになってしまったのです。
遠くにある時計の文字盤が読めなかったり、駅の電光掲示板の文字がはっきり見えないケースが増えてきたので何とかしたいと考えていました。
遠近両用メガネを使うという方法も考えたのですが、あれは見え方がかなり不自然だという話を耳にしますし、見た目が老け込んでしまいそうなので、できれば使いたくないと思いました。
そこで、遠くの物だけでもはっきり見えるようにしようと考えてレーシック手術を受けることにしたのです。
遠くの物がよく見えれば、外出先などで不便を感じてしまうことを避けることができますから、とりあえず困りません。
読書をしたりする時だけ老眼鏡をかけるようにした方が効率的なのではないかと考えました。
実際にレーシック手術を受けた後で、近くが見えないという症状は若干強まってしまいましたが、そのようになることを承知の上で受けた手術ですから、不満を感じてはいません。
今は、壁にかかっている時計の文字盤がとてもはっきり見えるようになったので、満足しています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー