納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

強度近視でもレーシックOK

私は5年ほど前にレーシック手術を受けました。
手術前の視力は右が0.2で左が0.02という非常にアンバランスな視力。
このままだと眼の大きさとか顔つきとかも変化してしまうのではという不安は常にありました。
そこでせめて左目だけでも何とかできないかとインターネットで調べたりしたのですが、レーシック手術であれば左目にこだわること無く、両目とも1.0以上の術後視力が期待できるとのこと。
さっそく詳しいことを聞きに行きました。
当時の視力では、メガネかコンタクトを使用せずに生活するというのは不可能でした。
朝起きてすぐにメガネ。
顔を洗う時とお風呂に入る時以外は必ずメガネ。
サッカーをする時もメガネ、もしくはコンタクト。
今にしてみれば、よくこんな危ないことしていたなと思います。
寝るときになってやっとメガネを外します。
こんな生活が一生続く。
メガネがなければ歩くこともままならないなんて、人間として余りにも危機管理が出来ていない。
仕事で海外に行くことも多かった当時、その不安感は常にありました。
この状態は強度近視というもので、補正具無しでは通常の生活が送れない状態です。
レーシックではこの強度近視も問題なく回復させられます。
通常の近視よりも、角膜を多く削ることになりますし、適性検査が不可欠です。
私の場合は元々の角膜の厚みがそれほどないとのことでしたが、それでも通常の手術が可能で、かりに近視戻りが起きて再度の手術を希望する場合は、一度だけなら可能だと言われました。
二回目はできません、一回きりです、と言われれば躊躇したかもしれませんが、もう一度受けることができると言われて、試してみるつもりになりました。
結果はと言いますと、もう快適の一言。
いま、生活している中で目を気遣うことが全くありません。
ハレーションが起きたり、異常に目が疲れたりということもありません。
自分自身の経験から、強度近視の人にはレーシックをおすすめします。
メガネがなければ何もできないというような人は、地震や台風などの非常事態の際に、本当に命の危険が増大します。
緊急避難袋にメガネを入れておくぐらいなら、手術したほうが安心では無いでしょうか。
快適性や安全性、費用対効果を考慮して、レーシック手術を選択肢の一つに加えてみては如何がでしょうか。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー