納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術を受けるのであれば眼科専門医がおすすめです

レーシック手術を受ければ視力回復の効果を期待することができますので、それ以降メガネやコンタクトレンズを使用する必要がなくなります。
メガネやコンタクトレンズを使わずに裸眼で過ぎすことができるようになればとても楽チンですし、長い目で見るとかなりコストを抑えることができるようになりますのでお得だと言うこともできます。
ただし、メリットだけでなく、手術によるデメリットも間違いなく存在しますので、その両方を十分理解した上で、レーシック手術を受けるかどうか決めるようにすることをおすすめします。
よく「レーシック難民」という言葉を目にしますが、俗に難民と呼ばれているような人たちはメリットばかりに着目して手術を受けた結果、思わぬ副作用や合併症が発生してしまい、クリニックとトラブルになってしまっているケースが多いようです。
つまり、事前にデメリットに関する正しい知識さえ有していれば、難民になってしまう可能性はなかったと言うことができると思います。
私自身は、眼科専門医のいる病院でレーシック手術を受けました。
最近は、眼科専門医でなくても、手術を行っているケースが増えてきているようです。
特に、美容整形外科が診療科目の一つとしてレーシック手術を行っているケースが多いようですが、眼科の専門知識のない医師が施す手術を信用する気にはなれません。
形成外科の知識しかないお医者さんの場合ですと、何かトラブルが起こったとしても、適切な対応をとってもらうことが難しいように感じられます。
脱毛や痩身に関する知識は豊富にあったとしても、目のことをあまりよく知らないお医者さんに目の手術をしてもらうのは、正直言ってとても怖いです。
でも、最初から眼科専門医にかかるようにしておけば、万が一手術の後で深刻な合併症などが起こってしまっても、すぐに適切な処置を施してもらうことができますし、手術前の適応検査に関しても信頼することができます。
手術を受ける側としては、安全に手術を受けられることが最優先事項となりますので、できるだけ腕の確かなお医者さんに手術を行って欲しいと考えるのが当たり前だと思います。
私はそのように考えて手術経験の豊富な眼科専門医に手術をしてもらいました。
術後の経過は良好ですし、結果にも満足していますので、私の選択は間違っていなかったと思っています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー