納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術で成功する割合とは

どんな手術であっても、万が一失敗する可能性はあります。
とはいえ、成功率の高い手術は世の中にたくさんありますし、100%成功するというものは存在しないとも言えます。
レーシック手術も同じで、成功率はクリニックによっても異なりますが、その割合は平均で90%以上だと言われています。
つまり、約10%は失敗していると捉えることもできますが、失敗と言うよりもその人にレーシック手術が合わなかったという方が正しいそうです。
私も、実際に手術を受けるか迷っていた時に、眼科の先生から話を聞いたのですが、レーシック手術の効果には個人差があるようです。
それは、その人の体質や目の状態などによって変わってきますし、手術をしてみないと適しているかどうか分からない面もあるそうです。
ゆえに、手術を受けたいという人には、そのようなリスクを十分に理解してもらった上で手術をするかどうか決めてもらっているとのことでした。
私は10人に1人の割合ならば大丈夫だろうと思い、あまり深く考えずに手術を受けました。
なぜなら、どうせ視力は回復しないのだから、このままでいるよりは手術を受けて、視力が回復する確率にかけた方が良いと思ったからです。
そして、実際に手術を受けてみて、本当にあの時決断して良かったと思っています。
なぜなら、私にはレーシック手術が合っていたみたいで、視力が裸眼で生活できるまでに回復することができたからです。
また、手術後に懸念されていたドライアイの症状もなく、1年経った今でも裸眼で問題なく生活することができています。
もちろん、ずっと視力が良い状態が続く訳ではないようですが、加齢などとともに視力が低下するのはほぼ全員に言えることです。
ゆえに、それまでの間だけでも裸眼で生活でき、これまで使用していたコンタクトレンズや眼鏡を使用しなくて済むだけでも、レーシック手術を受ける価値は十分あったと感じています。
特に、私はテニスをするので、手術を受けたことでボールの動きをより把握しやすくなったような気がします。
しかも、運動中にコンタクトレンズが外れるといったトラブルもなくなったので、よりテニスに集中することができるようになりました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー