納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術と遠視の関係について

「レーシック手術」イコール「近視を治す手術」であると考えている人が多いですが、最近では必ずしもそうとは言い切れないような状況に変わってきています。
もともと日本人の場合ですと、遠視の人よりも近視の人の数の方が圧倒的に多いので、遠視を手術によって解消したいと望む人の数自体が少なく、それに対応したレーシック手術を行う病院がなかなか現れませんでした。
しかし、海外ではかなり実績のある手術なので、最近では日本国内でも取り扱かう病院が出てきました。
私は中程度の遠視があって、ずっとメガネで矯正してきたのですが、メガネの使用だと何かと不便に感じる局面が多いので、手術で治すことができるのであれば、ぜひ受けてみたいと考えました。
そこで、昨年いろいろと調べてみた結果、良さそうな病院を見つけることができたので、早速相談をしに行きました。
その病院のお医者さんの説明によると、私くらいの中程度の症状であれば、レーシック手術で治療することが十分可能だということでした。
あまりに強度の場合ですと、レーザーで削る形状が複雑なために、角膜実質層の再生が起こってしまいやすく、手術を受けても元の状態に戻ってしまう可能性が高いのだそうです。
レーザーで削る形状がどのように複雑なのかと言うと、通常の近視を治すための手術であれば、角膜が平らになるようにレーザーを照射するのに対して、遠視治療の場合には角膜の周辺部にのみレーザーを照射して中央部を盛り上げるような形で残すのだそうです。
そのために、一般的に用いられているエキシマレーザーの機械では行うことができず、新しいタイプの機械が導入されている病院でしか手術を行うことができないのだと言っていました。
手術の説明に納得することができましたし、適応検査も問題なしという結果でしたので、昨年レーシック手術を受けました。
おかげで、現在では、メガネなしで近くの物を見ることができ、とても快適です。
ですので、私と同じような悩みを持っている人にはおすすめすることができる手術です。
ただし、一口に遠視と言っても種類がありますので、検査の結果、手術を受けられない場合もあり得ます。
どのような状態であれば手術適応になるのかと言いますと、屈折異常が原因で中程度の症状が起こっている場合だと言うことができます。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー