納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術の費用は医療費控除の対象となる

私は数年前にレーシック手術を受けました。
レーシックが日本でも行われ始めた時からずっと気になっていたのですが、日本で手術が行われ始めた当時は、費用が非常に高額でした。
今でも、レーシック手術は自由診療で保険適用外なので、安いとはいえない金額です。
でも、昔は50万円以上のというのが当たり前でした。
そのため、一般的な手術というイメージではありませんでした。
でも、今は、両目で20万円前後が平均的です。
30万円以上の手術となるとかなり高額のほうになります。
ですから、昔に比べると今はかなりお得です。
しかも、レーシックの手術ができるクリニックも非常に増えているし、医療機器の発達も素晴らしく、より確実に視力回復手術ができる環境が整っているのです。
このことから、私も思い切って手術を受けることに決めたのです。
ただ、お得な金額で手術が受けられるようになったとは言え、やはり高額手術です。
少しでも手術費用の負担を減らせるように、保険が適用かどうか、医療費控除が受けられるかどうかを調べたりしました。
単純に手術費用が安いクリニックを選ぶことも考えたのですが、やはり大事なめの手術なので、値段ではなく、いかに安心して手術がうけられるかということを重視してクリニックは選びました。
その分、医療費の負担は保険や医療費控除、それからクリニックの会員キャンペーンをうまく利用しようと思ったのです。
私の場合、保険はレーシック手術が適用されなかったので、医療費控除とクリニックの会員キャンペーンにより、少し手術費用の負担を減らせました。
私が受けた手術は22万円の手術でした。
医療費控除は年間で10万円以上の医療費がかかった場合が対象となるので、私が受けた手術も対象となりました。
領収書などを保管しておき、税務署に行き、確定申告をすることによって、税金が戻ってきました。
私は、確定申告した結果、2万円程度の還付金がありました。
そして、会員キャンペーンが5万円割引きとなったので、合計で7万円ほど、手術費用の負担を減らすことができたのです。
7万円の違いはかなり大きいです。
確定申告に行くのは少し面倒でしたが、やはりお金が返ってくると、行って良かったと思いました。
医療費控除とキャンペーンのおかげで良心的な値段で納得の手術を受けることができて、とても満足しています。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー